平成29年度関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験案内

試験案内のダウンロードはこちら⇒pdficon_large

 

 受付期間5月10日(水)10時00分~5月24日(水)17時00分(受信有効)
 第一次試験日7月2日(日)
 第一次試験合格発表日7月25日(火)

1. 試験区分及び主な職務内容

試験区分職務内容
事務系事務 主に大学等の主な事務局又は学部等の事務部に配属され、総務・人事、財務会計、学生支援、研究支援、国際交流、附属病院における医療支援等の業務に従事します。
図書 大学等の附属図書館又は学部等の図書室に配属され、教育・研究のための図書や学術情報資料に関する業務に従事します。
技術系電気① 大学等の事務局又は学部等の事務部に配属され、教育・研究棟等の建物・設備の計画、設計、工事の発注、さらに維持保全等を計画し維持するまで一貫して行う業務に従事します。
② 学部の学科や大学院研究科の専攻、又は附置研究所の研究部門等に配属され、各専門分野に応じた各種研究、実験、測定、分析、検査等の技術支援業務に従事します。
機械
土木
建築
化学 主に上記②の業務に従事します。
※職務内容の詳細については、HPの採用予定数をご覧ください。
物理
電子・情報
資源工学
農学
林学
生物・生命科学
  1. 1. 国立大学法人等とは、国立大学法人、大学共同利用機関法人、独立行政法人国立高等専門学校機構、一部の独立行政法人及び放送大学学園のことをいいます。
    2. 国立大学法人等職員採用試験は、全国を7地区に分けて同一日程で行われるので、複数の地区を受験することはできません。
    3. 申込むことができる「試験区分」は一つに限ります。また、受験申込後における変更は認められません。
    4. 平成29年4月27日(木)の時点で採用予定のない試験区分については試験を実施しませんので、実施の有無については、必ず当実施委員会ホームページで確認してください。
     なお、採用予定数は、各国立大学法人等の事情により変更する場合があります。最新の各国立大学法人等の採用予定数についてもホームページに随時掲載しますので、ご確認ください。

  2. 2. 受験資格

  3. 昭和62年(1987年)4月2日以降に生まれた者
    1. ※長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、上記の方を募集します(雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ)。
      ただし、次の者は試験を受けられません。
      (1)成年被後見人及び被保佐人
      (2)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
      (3)懲戒解雇又はこれに相当する処分を受けたことのある者で、その処分の日から2年を経過していない者
      (4)日本国内における活動に制限のない在留資格を有しない者(6.各申込フォームの入力方法「(2)「職員採用試験受験申込」フォーム」を参照)
      (注)「成年被後見人及び被保佐人」には、民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第3項の規定により従前の例によることとされている準禁治産者を含みます。

    2. 3. 試験の方法及び内容等(日本語による出題となります。)

(1)第一次試験

  1. 試験種別・試験時間出題数試験の内容
    教養試験
    〈1 2 0 分〉
    40題全問
    必須解答
    多肢選択式による筆記試験(大学卒業程度)
    ①一般知識(社会(7問)、人文(7問)及び自然(6問)):20問
    ②一般知能(文章理解(7問)、判断推理(8問)、数的推理及び資料解釈(5問)):20問

(2)第二次試験

  1. 試験区分試験の内容
    全試験区分面 接
    考査等
    国立大学法人等ごとに、第一次試験合格者に対して個別に日程を設定して実施します。
    なお、事務系(図書)では、必要に応じて図書等の専門性を、また、技術系では、各試験区分に関する専門的知識について考査します。

    図書の第一次試験合格者に対して別途、図書系専門試験(筆記試験)を8月5日(土)に実施します。
    詳しくは、図書系専門試験委員会ホームページをご覧ください。(http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/about/employment)

4.試験日・試験地・結果発表等

区分試験日試験地結果発表
第一次試験7月2日(日)

水戸市、つくば市
宇都宮市、前橋市
さいたま市、千葉市
市川市
東京都目黒区、港区
文京区、府中市、
小金井市、国立市
横浜市、新潟市
甲府市、松本市

7月25日(火) 15:00

合格者の受験番号をホームページに掲載するほか、合格者本人に通知します。

入室開始時刻9:00~
入室限度時刻9:40
開始時刻10:00
終了時刻12:00
第二次試験各国立大学法人等で行います。面接考査等の後、各国立大学法人等から通知します。

※受験上の注意事項
1.第一次試験会場は受験票に記載された会場となります。なお、指定された第一次試験会場以外では受験できません。
2.第一次試験当日は①受験票(写真貼付済のこと)、②HBの鉛筆とプラスチック製の消しゴム、③時計(計時機能だけのものに限り使用を認めます。)を用意してください。
3.受験票に写真が貼付されていない場合は、受験できません。
4.入室限度時刻(9:40)に、試験室に入室していない場合は、受験できません。
5.第一次試験当日に試験会場周辺において、合格電報の勧誘等をしている場合がありますが、これらは、当実施委員会及び各試験会場の大学とは全く関係ありませんので十分注意してください。
6.天災等の不測の事態により、第一次試験が所定の期日に実施できない又は完了しなかった場合は、第一次試験の延期又は再試験を行うことがあります。第一次試験の延期又は再試験を行う場合、当実施委員会ホームページに試験の日程等を含めた詳細を掲載します。

5. 受験手続

(1)受付期間
5月10日(水)10時00分から5月24日(水)17時00分(受信有効)
 定員に達した場合は締め切らせて頂きますので、早めにお申し込みください。

(2)申込方法
申込方法はインターネット受付のみとなります。
 上記受付期間内に、ホームページ上(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)に設置される受験申込画面を通じて、下記のとおりお申し込みください。また、あわせて「6.各フォームの入力方法」をご確認ください。

① 国立大学法人等グループ会員サービスに会員登録を行い「マイページ」を作成してください。
登録完了後、登録いただいたメールアドレスに会員登録完了メールを自動返信します。会員登録完了メールが届かない場合は、採用試験事務室(shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。
なお、既に国立大学法人等グループに会員登録している方については、②及び③の手続きに進んでください。
※ 国立大学法人等グループ会員サービスは受験申込をWEB上で行うためのサービスです。受験申込をするためには必ず登録が必要です。(①の手続きのみ、3月1日(水)から登録が可能です。)

② 会員登録完了メールに記載されているマイページにログインし、「職員採用試験受験申込フォーム」に入力のうえ、ご登録ください。(②及び③の手続きは、5月10日(水)10時00分から受付を開始します。)

③続いて、マイページの「予約・確認フォーム」より試験会場を選択のうえ、お申込みください。お申し込み完了後、登録いただいたメールアドレスに受験申込完了メールを自動返信します。受験申込完了メールが届かない場合は、受験申込が正常に完了していない可能性がありますので、メール不着の旨、速やかに採用試験事務室(shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。なお、この不着連絡の締切日時は5月25日(木)12時00分までとします。
(注)上記以外の方法(申込書の郵送や持参等)での受験申込は一切受け付けておりませんのでご注意ください。なお、申込時に試験会場の選択を行いますが、会場には定員が設けられております。また、締め切り直前はアクセスが集中して接続しにくくなる可能性がありますので、余裕をもって早めにお申込ください。

(3)受験票の交付
受験申込者には6月中旬頃に、マイページあてに受験票を送信しますので、マイページにログインのうえ、A4サイズの用紙に受験票を出力してください。出力した受験票には、本人であることが明瞭に確認できる写真(3ヶ月以内に撮影した、脱帽・上半身・正面向き)を貼り、第一次試験日に必ず持参してください。
※ 受験票を送信した際は、登録いただいたメールアドレス及びマイページあてにお知らせします。また、ホームページでその旨お知らせします。
受信が確認できない場合は、採用試験事務室(shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。
※受験票は必ずA4サイズ縦方向で印刷してください。

(4)障がいのある方への受験特別措置
(注)第一次試験受験特別措置を希望される方は、5月9日(火)の12時00分までに下記の方法により、必ず採用試験事務室へメールにてご連絡ください。

【連絡方法】
メールの件名 :受験特別措置事前連絡
連絡事項   :様式「受験特別措置事前連絡表」へ必要事項を入力し、メールにて添付してください。
様式のダウンロードはこちら
連絡先アドレス:shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

① 障がいの内容・程度によって、点字による試験、拡大文字による試験、車椅子の使用、試験時間の延長、補聴器の使用、その他の受験特別措置が講じられる場合があります。これらの措置を希望する方及びご質問等がある方は、必ず受験申込前に採用試験事務室へ連絡し詳細を確認してください。
詳細を確認したうえでこれらの措置を希望する場合は、受験申込の際に職員採用試験受験申込フォーム「設問(2)障がいにより希望する特別措置」より該当するものを選択してください。
② 車椅子を使用する方は、試験会場準備の都合がありますので、必ず受験申込前に採用試験事務室へ連絡してください。
※ 試験中の補聴器の使用等も受験特別措置に該当します。
③ 受験特別措置を申込む際に、医師の診断書等の提出を求める場合があります。提出された書類等は返却しません。
④ 受付期間終了後において、点字による試験、拡大文字による試験や試験時間延長等を希望しても認められませんのでご注意願います。ただし、やむを得ない事情が生じた場合は採用試験事務室へ必ず連絡をしてください。

6.各申込フォームの入力方法

送信後(登録完了後)の内容は変更できません。入力内容に誤りがないかよく確認した上で登録ボタンを押してください。
・入力事項に不備がある場合は、受験申込を受け付けられないことがあります。
・入力した情報は、試験の実施、分析等に用いるものであり、合否に影響するものではありません。
・入力に当たっては、下記の入力時の留意点を参照のうえ、正しく入力してください。
この試験案内は「関東甲信越地区」を対象としたものです。他地区での採用を希望する方は、採用を希望する地区の試験案内を確認のうえ、お申し込みください。

【入力時の留意点】
以下に特に入力時注意が必要な項目について記載します。

(1)国立大学法人等グループ会員サービス「会員登録」フォーム
会員登録は1回のみ行ってください。同一人物が複数申込を行った場合、申込の全てが無効となる場合があります。
[登録データ]
○現在の連絡先
 ・必ず郵便物が送付できる住所を入力してください。
○自宅電話番号・携帯電話番号
 ・必ず連絡のとれる電話番号をどちらかに入力してください。
○メールアドレス
 ・必ずパソコンで受信可能なアドレスを入力してください。(半角英数字で入力してください。)
 ・確認のための入力ではコピー&ペーストをしないでください。
○携帯アドレス
 ・メールアドレス欄で入力したアドレスで連絡が取れない場合の連絡用として使用します。
 ・入力は必須ではありません。
○学校名・学部・学科
 ・在学中の方は現在の学校名を、既卒の方は最終学歴を選択してください。
 ・学校区分は「学校名」に対応する学校区分を選択してください。
○採用希望地区
 ・「関東甲信越地区」を選択してください。
 ※他地区での採用を希望する方は、採用を希望する地区の試験案内を確認のうえ、お申し込みください。

(2)「職員採用試験受験申込」フォーム
会員登録時に選択した採用希望地区「関東甲信越地区」から変更のある場合は、マイページの「採用希望地区」から修正を行ってください。この場合、採用を希望する地区の試験案内を確認のうえ、お申し込みください。
[登録データ]
○試験区分
 ・登録完了後の変更は認められませんのでご注意ください。
 ・試験を実施しない区分については表示されません。各試験区分での実施の有無について、詳しくはホームページをご確認ください。
○障がいにより希望する特別措置(該当者のみ)
 ・入力の前に必ず「5.受験手続(4)障がいのある方への受験特別措置」を参照してください。
 ・点字による試験、拡大文字による試験、車椅子の使用、試験時間の延長、補聴器の使用、その他障がいによる受験特別措置を希望する方のみ、該当する措置内容等を選択してください。
○第一次試験当日に利用する予定の自宅等の最寄り駅・路線名
 ・交通機関情報を確認するため、当日利用する路線名と自宅の最寄り駅について入力してください。
  (例:丸ノ内線 本郷三丁目駅)
○在留資格の確認
 ・日本国籍以外の国籍のみ有する方は、以下の在留資格であるかを確認の上、「2 日本国籍以外」を選択してください。以下の在留資格以外の場合はお申込みいただけません。
【在留資格】
「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」、「特別永住者」(「出入国管理及び難民認定法(昭和26年10月4日政令第319号)」別表第二参照)
 ※ 該当者には後日、在留カードなど在留資格が確認出来る証明書等の写しを提出していただきます。
○学歴区分
 ・平成29年4月時点で最終学年の方は「卒見又は修見」を、既卒の方は「卒業又は修了」を、最終学年に達していない方は「在学中」を選択してください。
○勤務可能年月日
 ・該当するものを選択してください。(当該年度内に勤務可能な場合は「1 合格後、直ちに勤務できる」を選択してください。)
○希望勤務地の有無
 ・希望する勤務地が特にない場合は「どこでもよい」を選択し、希望する勤務地がある場合は希望する勤務地を選択してください。
 ※ ここで入力したことにより、希望した勤務地に採用が限定されるわけではありません。

(3)「予約・確認」フォーム
[登録データ]
○試験会場選択
 ・受験を希望する試験会場を選択してください。
 既に定員に達した試験会場は「満員」と表示され選択できません。
 

7. 合格者の決定等

(1)第一次試験の合格者は、教養試験の結果に基づき決定します。
(2)第一次試験の合格者は「第一次試験合格者名簿」に登載され、当該名簿は当実施委員会において第一次試験合格者発表日から原則として1年間保管します。各国立大学法人等は、欠員が生じた場合にその都度、この名簿に基づき第二次試験を実施します。
(3)受験資格がない場合又は受験申込の入力事項に虚偽の内容があった場合は、第一次試験の合格を取り消します。
(4)第二次試験は、各国立大学法人等が行います。第二次試験については、各国立大学法人等の人事担当部署に直接お問い合わせください。人事担当部署連絡先についての詳細は、ホームページをご確認ください。
(5)採用予定時期は、概ね平成30年4月1日となりますが、既卒者の場合は、各国立大学法人等の欠員の状況によっては、第二次試験合格後、直ちに採用されることがあります。

8. 給与

[初任給] 月額 約170、000円 ~ 約200、000円(学歴や採用前の職歴等により決定されます。)
初任給は、国立大学法人等ごと定めていますので、詳細については、それぞれの国立大学法人等にお問い合わせください。また、その他に期末・勤勉手当(いわゆるボーナス)が支給されるほか、一定の条件を満たす場合には、各種手当が支給されます。

9. 勤務時間、休暇等

国立大学法人等ごとに定めていますので、詳細については、それぞれの国立大学法人等にお問い合わせください。 なお、概ね以下のとおりです。
(1)正規の勤務時間は、原則として1日7時間45分です。
(2)交替制勤務等を要する職場に配属されることがあります。
(3)年次有給休暇、特別休暇、病気休暇、育児休業等の制度があります。

10. 福利厚生

文部科学省共済組合へ加入することになり、病気、けが等を受けた組合員に対する給付や、年金の支給を受けることができます。また、積立貯金制度や福利厚生施設も利用できます。

11. 個人情報等の取扱い

 受験申込者及び第一次試験受験者から取得する個人情報は、関東甲信越地区の国立大学法人等の職員を採用するという目的を達成するために利用するものであり、採用試験に参加する国立大学法人等(図書系専門試験実施組織を含む。)以外の第三者には提供又は公表しません。
 ただし、事務系(図書)及び技術系の試験区分については、関東甲信越地区以外の6地区(北海道地区、東北地区、東海・北陸地区、近畿地区、中国・四国地 区及び九州地区)の採用試験実施委員会からの申し出に基づき、平成29年11月1日以降、当該地区の職員を採用するために第一次試験合格者名簿を提供する場合があります。
 当実施委員会の「個人情報の取扱いに関する基本方針」をホームページで公表しています。

12.受験の流れ(受験手続から第一次試験合格発表まで)

 受験の流れはこちらをご覧ください。

ページトップへ戻る