平成29年度関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験概要

受付期間 5月10日(水)10時00分~5月24日(水)17時00分(受信有効)
第一次試験日7月2日(日)
第一次試験合格発表日7月25日(火)
第二次試験原則として各機関で行います
最終合格者発表第二次試験の後、随時、各機関から通知します

 ※詳細は試験案内でご確認ください。

試験区分及び職務内容(概要)

試験区分職務内容(概要)
事務系事務総務・人事、財務会計、学生支援、研究支援、国際交流、附属病院における医療支援等の業務に従事します。
図書教育・研究のための図書や学術情報資料に関する業務に従事します。
技術系電気①教育・研究棟等の建物・設備の計画、設計、工事の発注、さらに維持保全まで一貫して行う業務に従事します。
②各専門分野に応じた各種研究、実験、測定、分析、検査等の技術支援業務に従事します。
機械
土木
建築
化学主に上記②の業務に従事します。
※職務内容の詳細については、技術系職務内容一覧をご覧ください。
物理
電子・情報
資源工学
農学
林学
生物・生命科学

第一次試験

試験種別・時間出題数試験の内容
教養試験
120分
40題全問
必須解答
多肢選択式による筆記試験(大学卒業程度)
①一般知識(社会(7問)、人文(7問)及び自然(6問)):20問
②一般知能(文章理解(7問)、判断推理(8問)、 数的推理及び資料解釈(5問)):20問

合格者の決定等

(1)第一次試験の合格者は、教養試験の結果に基づき決定します。
(2)第一次試験の合格者は「第一次試験合格者名簿」に登載され、当該名簿は当実施委員会において第一次試験合格者発表日から原則として原則として1年間保管します。各国立大学法人等は、欠員が生じた場合にその都度、この名簿に基づき第二次試験を実施します。
(3)受験資格がない場合又は受験申込の入力事項に虚偽の内容があった場合は、第一次試験の合格を取り消します。
(4)第二次試験は、各国立大学法人等が行います。第二次試験については、各国立大学法人等の人事担当部署に直接お問い合わせください。人事担当部署連絡先についての詳細は、ホームページをご確認ください。
(5)採用予定時期は、概ね平成30年4月1日となりますが、既卒者の場合は、各国立大学法人等の欠員の状況によっては、第二次試験合格後、直ちに採用されることがあります。

第二次試験(各機関で行われる試験)

試験区分内 容
全試験区分面 接
考察等
国立大学法人等ごとに、第一次試験合格者に対して個別に日程を設定して実施します。
なお、事務系(図書)では、必要に応じて図書等の専門性を、また、技術系では、各試験区分に関する専門的知識について考査します。
図書の第一次試験合格者に対して別途、図書系専門試験(筆記試験)を実施します。
詳しくは、こちらをご覧ください。

障がいをお持ちの方への受験特別措置

障がいの内容・程度によっては、点字による試験、拡大文字による試験、試験時間の延長、補聴器の使用、その他の受験特別措置が講じられる場合があります。詳しくは採用試験事務室までお問い合わせください。

ページトップへ戻る