髙須 愛莉

防災科学技術研究所

髙須 愛莉
研究推進課
 
採用年度:平成28年度
試験区分:事務

現在の仕事内容について

 外部資金(外部、たとえば省庁や民間から受け取るお金のことです。)の中でも、主に文部科学省からの受託研究を担当しております。外部資金は執行するにあたってさまざまなルールがあり、制度ごとにルールが異なるため煩雑です。そこで、研究者の方に代わって契約手続きや予算執行状況の確認など、研究が円滑に進められるように主に経理面で研究者の方をサポートしております。研究に集中できる環境を整えるのが、私たちの役目だと思っております。

印象に残っていること/嬉しかったこと

 複数の課題を担当していると、書類の提出時期が重なることがあります。その時は、なんて大変なんだろうとしか思っておりませんでしたが、無事に契約締結できたことを研究者の方に伝えたところ、「助かりました!ありがとう」と言ってもらえたことがあります。とても嬉しく、自分も誰かの役に立てているんだと実感でき、これからも頑張ろうという気持ちになりました。

日頃心がけていることや、やりがい

 研究者の方とやりとりすることが多いので、直接研究についてお伺いする機会があります。行われている研究がどのように社会の役に立つのか知ることができ、間接的ではありますが、自分も社会に貢献できていると感じることができます。社会に役立つ研究を支えている一員であることに、やりがいを感じます。

国立大学法人等の魅力、選んだ理由

 もともと教育に携われる仕事がしたいと思い、大学時代に教育実習に行きました。その時に実習先の校長先生から「教育は現場だけでは発展しない、研究が発展してこそ教育が発展するものだ」と言われたことに衝撃を受け、自分は研究者のサポートを通して、教育の発展に貢献したいと思い、研究機関への就職を決めました。

1日のスケジュール

9:00
出勤:メールや課内の人の予定をチェックし、今日やるべき業務の確認をします。

10:00
予算執行状況確認:研究部門から提出される購入書類等を確認し、真に研究に必要なものかチェックします。

12:15
昼食:打合せスペースで同じ課の人とお弁当を食べつつ、女子トークに花を咲かせております。

13:00
課内打合せ:それぞれの担当課題について、進捗状況を確認します。何か相談事項があれば、ここで課内全員の意見を聞くことができます。

15:00
問い合わせ対応:物品の購入や出張の目的等について、外部資金のルールに反しないか、所内外からの相談に対応していきます。

17:30
退勤:今日できたことと明日やるべきことを確認して、退勤します。