下城 陽介

上越教育大学

最善はしばしば善の敵になる。
 
下城 陽介
学術情報課 図書館チーム 主任
 
採用年度:平成23年度
試験区分:事務

現在の仕事内容について

 図書館の窓口対応や、学外からの複写物の取り寄せ、学生さんへの情報検索の講義や研究紀要(大学が発行する学術雑誌)の発行手続き、図書の選書やリポジトリ(論文などを電子媒体で保存し、公開するシステム)の運営をしています。
 2019年度は図書館改修があるため、資料や物品の移動なども行いました。改修は何十年かに一度の大作業なので、図書館職員と、時には施設課職員も加わって、何度となく打ち合わせを行い準備しました。
 また、オープンアクセスリポジトリ推進協会の作業部会員として、研修講師などをしています。

仕事をしていて感じる魅力ややりがいについて

 日々増加していく本や雑誌に触れることで、「この世には自分の知らない知識や情報がたくさんあるんだなあ」と圧倒されます。また、学生さんや先生方に図書や雑誌を利用してもらえると、「研究や学習の役に立っているんだなあ」と感じます。「圧倒的な未知との遭遇」と「利用者への貢献感」が魅力です。

休みの日に過ごし方を教えてください

 子どもと遊んでいることが多いです。将棋をしたり、プールに行ったりしています。また、ほぼ1年に1回ですが、大学図書館や公共図書館を見学するために、旅行に出かけます。いろいろな図書館で、自分の図書館に取り入れられるサービスや業務がないかを観察しています。

1日のスケジュール

8:30
メールチェックをし、1日のスケジュールを確認します。

9:00
学生や教員からの申し込みを受け、自大学にない図書や雑誌の複写を、他大学に依頼して送ってもらいます。

10:00
利用者からの問い合わせに対応します。資料の場所や探し方を説明します。
週に2~3回カウンター当番があります。

12:00
昼休み。トレーニングルームで筋トレしたり、図書館で読書したりします。
昼食は学食に行ったり、売店で買ったりします。

13:00
月1~2回開催する学生向けのミニ講座の内容を考え、講師の先生に連絡を取ったり、ポスターを作成したりします。

17:15
1日の振り返りをして、帰ります。