高倉 佑介

電気通信大学

育児休業
 
高倉 佑介
人事労務課 人事給与係 係長
 
採用年度:平成22年度
試験区分:事務

 平成31年2月から3月のおよそ2か月間、第二子の出生を機に育児休業を取得させていただきました。当時、私は常勤教職員の任用業務を担当しており、教職員の採用・退職・任期更新等の案件が重なるこの繁忙期に育児休業を取得することに申し訳ない思いがありましたが、妊娠発覚後早くから職場に相談させていただき、快く承諾いただいたことに今でも感謝しています。育休開始の1ヶ月ほど前から後任の職員を配置していただいたので、引き継ぎ等もスムーズに行うことができました。
 出産直後の母親は、体の回復に専念せねばならないところ、昼夜問わず子どもの世話に奔走し、睡眠もままならない大変な時期です。上の子はイヤイヤ期真っ盛りの2歳児だったので、育休を取得して家事・育児を分担できたことは、夫婦の心の余裕にもつながりました。また、短い期間ではありましたが、毎日世話をしながら、二人の子の成長著しい様子を傍に寄り添って実感できたことはこの上ない貴重な時間だったと思います。
 上の子の保育園在園継続の関係から、私は妻の産後休暇終了日までしか育休を取得しませんでしたが、本学では私以外にも男性職員が育休を取得した事例があり、より長い期間育児に専念されていた方もいます。現在、教員でも育休を取得されている方がおり、職種・職位を問わず男性が育児に参加できる環境が整えられている職場であると感じています。