大野 和隆

宇都宮大学

課長補佐
 
大野 和隆
修学支援課
 
採用年度:平成5年度
試験区分:事務

私の経歴

平成5年4月    教養部会計係
平成6年10月  国際学部会計係
平成8年4月   教育学部学生係
平成10年10月 教務課教務第一係
平成12年4月  学生部教務課教務第一係
平成14年4月  学生部教務課教務係
平成16年4月  小山工業高等専門学校 学生課教務係(出向)
平成19年4月  工学部学生係主任
平成21年4月  国際学部総務係長
平成23年4月  総務部総務課法規調整係長
平成27年4月  総務部総務課秘書係長
平成30年7月  学務部修学支援課課長補佐心得
平成31年1月  学務部修学支援課課長補佐

現在の仕事内容について、これまでのキャリア

 現在、課長補佐として、学生に対する教務及び修学支援に関し、総括し、企画立案し、及び連絡調整する業務を担当しています。
 具体的には、履修指導、授業計画や教育設備管理に関する業務、それらに係る各種会議運営、入学式、学位記授与式の運営、及び社会人対象の教育プログラムの企画など多岐に渡る業務をマネジメントしています。
 これらの業務を遂行するために、これまで携わった業務経験や培った同僚との絆を活かし、関係する学内外の部署との連絡調整を行いながら、学生がより良い大学生活を送れるよう心掛けて業務を行っています。

仕事をしていて、苦労したこと、楽しかったこと、印象に残っていること

 学長秘書業務を担当した際には、大学全体の動きや国の政策等の情報も多く、理解力やスピード感がそれまでとは違い、慣れるまでの間、苦労したことが印象に残っています。そういった中で普段なら知り得ないトップの人々の所作や話を聞く機会もあり、私自身にとって、とても勉強になる有意義な経験となりました。

昇任を経て、仕事に対する見方や意識が変わった点

 課長補佐となり、これまでの係単位から課全体に視野を広げなければならないことから、良きコミュニケーションや人間関係を構築し、互いの仕事を協力し合える良い職場環境を整えていくことが必要だと今まで以上に心掛けて業務を行うようになりました。今後も自身に期待される役割を理解し、より良い学生サービスが提供出来るように宇都宮大学の3C精神である「Challenge」=主体的に挑戦し、「Change」=時代の変化に対応して自らを変え、「Contribution」=広く社会に貢献する、を体現して行きたいと思っています。

職員に求めることや期待すること

 大学の変革期において我々職員に求められることも変わってきています。変化に応じながら様々なニーズに応えられる柔軟性や相手の立場になって物事を考えることは重要であり、そういった意識を持ち学生や教員、様々な関係者とのコミュニケーションを積極的に楽しめることが大切なことだと思っています。共に頑張りましょう!