若手職員の声2012

所属課名: 附属図書館情報サービス課 名前:Y・N 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 就職活動にあたって、職務を通じて多くの人を助けたいという思いが強く、企業の利潤を一義に考える民間企業は合わないと考え、公務員やそれに準ずる職に就きたいと思っていました。中でも特に未来を担う人材の育成、将来の私たちの生活に役立つ研究・開発に携わりたいという思い、そして学生時代に学んだ書誌学の知識を生かしたいという思いがあったので、国立大学法人採用試験を図書部門で受験しました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 現在は図書館の相互利用を担当しており、学内の図書館に所蔵していない資料を、利用者の求めに応じて学外の図書館に依頼して取り寄せるという業務が主です。資料が見つからず困っている利用者の方に接してじかにアドバイスをすることができるので、相談が終わった後にいただく「ありがとう」「助かりました」「またよろしくお願いします」などの言葉が何よりの励みです。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 基本的なことですが、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を心がけて行動しています。学外の担当者様と接することも多いので、一つの案件に対するときは自分の判断だけで対処しないよう、いったん立ち止まって先輩方から教えていただくようにしています。また、利用者の方に接するデスクに出ている場合は、できる限り笑顔でお話しするよう注意しています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 新人で頼りない私を温かく指導・支援してくださっている上司の方々や先輩方がいてくださるので、社会人の第一歩を踏み出せたのが今の職場で本当に幸運だったと思います。また、大学職員ということで学食を利用することが多く、昼の休憩時間に安くてボリューミーでおいしい学食を食べているときも、「お得だなぁ」と感じることがありますね。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • ほぼ毎晩半身浴をしています。温かいお湯に長時間浸かることで、長時間のデスクワークで固まった体をほぐしてやります。心身ともにリラックスできて気持ちいいですし、嫌なことを忘れ、楽しいことを何度も思い出すことができます。以前より代謝がよくなったようにも感じますね。そろそろバスグッズを充実させて、リラックスタイムを更に楽しもうともくろんでいるところです。

  • Q7. あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 閑静な大学構内を離れた、駅前のカフェがお気に入りの場所です。就職活動をしている時ですが、面接直前にこのカフェでお昼ごはんを食べて景気づけをしたことがあります。思えば、内定のお電話をいただいたのもそのお店でした。そのせいか、喧騒の激しい駅前なのに、今でもなんとなくほっと一息つきたいときはついふらっとそのお店に寄ってしまいます。アイスコーヒーがおいしいです!

ページトップへ戻る