若手職員の声2012

所属課名: 農学部 名前:Y・T 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 「研究にも十分に従事できる環境を提供したい」と思ったことがきっかけです。研究は大学の業績に不可欠な要素であり、かつ、国立大学は主要な研究機関の1つであると考えています。しかし、かつて大学院修士課程に在籍していた際、先生方は授業や実習の他に多量の雑務を抱えており、本来の業務の1つである研究に従事する時間が少ないのではと感じました。そのため、周囲の職員が教員をサポートし、可能な範囲で負荷を軽減することが大切であると考えるようになりました。大学における研究の現場を経験しているからこそ、先生方の考え方や意図を十分に理解し、サポートも手広くできる自信がありました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 主に、学部内の契約業務(物品購入・役務・工事等)、備品や試薬等の管理、研究業績の報告作成等に携わっておりますが、いずれも大学院修士課程での経験が活かせていることです。例えば、物品購入において、一般の方なら「これは何に使うのだろう」と疑問になることも、「おそらく○○に使うであろう」と推測できることも少なくありません。また、研究業績の報告作成では、研究論文の執筆と似ている部分があり、修士論文で蓄積したノウハウをそのまま活用しています。正直、「どこで何が役立つかわからないな」と思うばかりです。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 基本的ではありますが、「コミュニケーション」です。相手が教職員、学生、あるいは業者等学外のどなたであっても、双方向の会話や情報交換が円滑な業務遂行に不可欠だと考えています。業務に関する連絡調整だけにとどまらず、基本的なことであっても不明な点は上司や先輩職員に質問する、休憩時間に職員同士で雑談をするなど、いずれもコミュニケーションには重要な要素の1つです。特に雑談の場では、意図せず業務に重要な情報が得られることも度々あります。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 大変というよりは度々苦悩することですが、研究費執行(主に物品購入)に関して、教員側と経理担当者側の意見が対立してしまうことです。教員としては「この物品は、○○の研究に確実に使用する」という明確な意図があり、私がその意図を十分に理解していても、経理担当者に「不適切な執行」を疑われてしまうことが少なくありません。このような場合には、私(学部担当者)が仲介役となるため、双方が「何に対して理解しておらず、何に対して納得していないのか」を十分に把握および理解し、それぞれに納得して頂き、疑念を解消できるように丁寧な説明を心がけております。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 先生方と、また、事務職員同士でも気兼ねなく会話ができることです。採用当日も、いつになく緊張していたにもかかわらず、周りの先輩方が積極的に話しかけて下さったおかげで、早々に職場に溶け込むことができました。後になって、「単にお話好きな方が集まっていた」ということに気づきましたが、それが絶好の条件だったのだと思います。真面目に業務に取り組むのも大切ですが、約8時間ずっと堅苦しい環境だとお互い心身共に疲れてしまいますし、コミュニケーションの面からも、気分転換の面からも、「会話しやすい環境」も時には大切だと思われます。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 普段の休日であれば、ドライブや買い物、さらに時間とお金に余裕があるときは、好きなミュージシャンのライブに参加したり(年4~5回)、有給休暇を上手に利用して(年1回ほど)旅行に出かけたりしています。嫌なことがあってもなくても、仕事のことを完全に忘れて遊びに没頭する時間も大切だと考えています。ですが、遊ぶ方向に気分が乗りすぎて、休みボケをしたまま出勤してしまうことも時々あります。

ページトップへ戻る