若手職員の声2012

所属課名: 農学部 総務グループ 名前:K・N 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私が、国立大学法人等職員を選んだ決め手は、産学官連携を通じて地域に貢献できると考えたからです。私は学生時代から、大学・企業・自治体との産学官連携で大学が地域社会・経済に多大な貢献をしていることに興味を持っていました。私自身も、産学官連携に関わることで、自分の生まれ育った地域社会・経済ならびに母校の発展に貢献したいと考えました。大学にも様々な仕事があり、必ずしも産学官連携に関わる仕事をするわけではありませんが、常に地域との結びつき・地域への貢献というものを意識しながら仕事をしています。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私の所属している部署では、一般の方を対象とした講座を行っています。その講座は大学の特色を生かして、参加者に様々な体験をしてもらうというものです。自分の担当する回は企画から実行まで一貫して行い、自分の意見を十分に反映することができます。当日、参加者の皆さんが興味深そうに目を輝かせて体験をしているのを見ると、主催側の私自身もとても嬉しくなります。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が、仕事を進める上で心掛けていることは、有りがちと思われるかもしれませんが、人とのコミュニケーションを大切にすることです。採用されて間もない頃の私は、一度話し合ったことは、相手も完全に理解しているという前提で仕事をしていました。しかし、些細な誤解や事情の変化等で思わぬ問題を引き起こしてしまうことがあるということを実感し、相手がどの程度理解しているか常に意識するようにしています。また、学生への対応についても、機械的に説明等をするのではなく、その学生の状況を自分なりに考え一歩踏み込んだアドバイス・質問をすることによって、学生との距離は格段に近くなるということを実感しています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 私が担当した業務の中でもっとも大変だったことは、学部の収入に関わる重要な書類を作成することでした。収入がどの程度発生するかは、状況によって刻々と変化していくので必然的に締め切り間近になり、精神的にも少し大変でした。また、その収入の発生要因を把握しているのは別の担当者だったため、締め切り間近には複数の担当者と毎日のように情報の交換を行いました。この仕事を通じて、それまであまり仕事上関わったことの無かった方とも関わることができ、非常に有意義でした。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと感じていることは、職場の皆さんの人柄が素晴らしいことです。仕事で分からないことを質問すると、お忙しい中でもご自分の仕事をすぐに中断して、親切に教えてくれます。また、よく冗談などをいってみんなを楽しませてくれる方もいます。熱中している趣味をお持ちの方も多く、そういった方とプライベートで出掛けたり、食事に行った時などは話が盛りあがり、本当に充実した時間を過ごすことができます。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 気分転換をはかるために、休みの日は自然の中に出掛けています。特に熱中しているのは、昆虫の写真を撮ることです。昆虫はものごころがついたときから好きで、初めて見る昆虫と出会ったときは本当に心が躍ります。また、日本アルプスの麓などで、動植物を観察しながらハイキングしたり、山岳の雄大な写真を撮ったりしています。自然の中を歩き、動植物や山岳・河川・空の様子を通じて四季を感じる、これが私にとっての楽しみです。

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 私のこだわりは、お気に入りの洋食器で飲物を味わうことです。主に、ヨーロッパのティーカップ&ソーサーとワイングラスを集めています。本当に良いものは価格は安くありませんが、飾っておくのではなく実際に使用することで、その良さを味わうことができます。その器で何を飲むかも大切なので、お気に入りの紅茶専門店を1時間以上かけて訪ねたり、様々な中小のワイナリーを訪ね、店員さんの話を聞きながら紅茶・ワインを選ぶのも楽しみです。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等職員を目指す皆さんは、日々勉強で忙しいかと思います。ただ、勉強だけではなく、職員になって何をしたいかをじっくり考える時間を持っていただきたいと思います。 これから職員を目指す方には、自分の手で大学を良くしたいという熱意が最も大切だと思います。大学は時代の流れに合わせて着実に変化していかなければなりません。私の経験上、大学は若手職員の声が十分に反映される可能性のある、開かれた組織だと実感しています。その中で、あなたが目指す大学像を実現するという熱意を是非発揮していただきたいと思います。

ページトップへ戻る