若手職員の声2015

所属課名: 財務部財務課 名前:K・K 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私は、就職を考え始めた頃は、地元やその周辺地域に貢献できる仕事がしたいと思っており、地方公務員の試験に向けて勉強をしていました。その中でいろいろと調べていたところ、国立大学法人の採用試験があることを知り、せっかくだから受験してみようと思ったのがきっかけです。その後の一次試験合格者向けの説明会で、説明をして頂いた皆さんの熱意や人柄の良さを感じて、国立大学法人で働いてみたいという思いが強まりました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  学生の頃は、国立大学法人の仕事と言えば、窓口での学生対応や、就職支援、授業の履修指導などのイメージがありました。しかし実際に採用となり財務課で働き始めると、お金の取り扱いや建物の管理など、第一印象としての大学の仕事とはかけ離れている業務を担当することになり、学生として生活していた頃には見えなかったところにも様々な業務があるということを実感しました。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  仕事を進める上で心掛けていることは、周りの人たちとコミュニケーションをとることです。採用1年目はどんな業務を行うにしてもわからないことがたくさんありました。もちろん、一度は自分自身で考えたり調べ物をするなどして解決方法を探ることも大切ですが、どうしてもわからないことを自分一人で悩んだりせず、先輩や上司の方に相談をして解決に導くことも大切だと思います。そのため、普段からコミュニケーションを積極的に取り、自分が悩んだときに協力してもらえる関係を作る事が重要だと思います。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  仕事の中には、過去の資料を参考にして行うものがあります。その中には、過去の資料がうまく整理されていないものもあり、自分が求めている情報を探すために多くの時間を費やしてしまうことがありました。そこで私は、業務の合間の時間を利用して、うまく整理がされていなかった資料を最新の状態に更新する作業を行いました。そのおかげで、今まで資料探しに費やしてきた時間が短縮され、業務の効率化につながりました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  私の周りには、非常に気さくな方々がたくさんいらっしゃいます。4月1日に初めて自分が所属する席に座ったときは、何をどのように仕事を進めてよいのかわからず不安がありました。しかし、勇気を出して先輩や上司にわからないことを相談すると皆さん優しく受け答えをしてくれました。今では、そのような先輩や上司のもと非常によい雰囲気の中仕事をすることが出来ていると感じています。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  私の一番の気分転換方法は睡眠をとることです。私は、お昼休みにも仮眠をよく取っているのですが、睡眠をとることで体の疲れを取るだけでなく、失敗してしまったときやストレスを感じたときには、自分の気持ちを切り替えてリセットすることが出来ます。そのほかには休日に自宅でのんびり過ごしたり、県外に住んでいる大学時代の親しい友人のもとへ遊びに行くことも、私の気分転換の方法です。

ページトップへ戻る