若手職員の声2011

所属課名: 財務部財務課 名前:S・T 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在、私は外部資金を担当する係に所属しています。各省庁が行う研究の公募に対し、本学の先生が応募、採択されることで契約が締結されます。この契約を滞りなく締結させること、そしてその契約通りの執行が行われているか、その検査の対応が主な業務となります。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 採用前の印象とは全く違い、非常に明るい職場です。当然ながら業務が多忙になる時期もありますが、そんな中でもオンとオフの切り替えをしっかりとし、忙しいながらも良い精神状態で毎日の業務にあたることが出来ています。また、若手同士の繋がりもとても強く、それが業務の一助となることが多々あります。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 私は前年まで国家公務員のⅡ種試験を受けていたので、とにかくⅡ種の問題を解いていた記憶があります。今は国立大学法人用の問題集等もあるのかも知れませんが、当時はそうした問題集が無く、どのような問題を解けば良いのかすら分からない状態でした。とにかく思うのは、自分が得意とする分野に最大限集中し、その分野の問題を落とさないということだと思います。これだけは絶対に落とさないという自信を持って臨むことが重要だと思います。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 母校を受験したので、多少の予備知識は持っていました。しかし、それはあくまで事前に持っていた知識であって、内定という結果に直結するものではありません。母校を受験するということは、「慣れ」という油断を生むものでもあると思っていたので、この点を勘違いせず、謙虚な姿勢で臨もうと思っていました。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 頻繁に聞くのはPCスキルや英語能力の向上ですが、私はこれらに加えて内定をいただいた大学等のことを少しでも知ることが重要だと思います。どんな学部があり、事務部の体制はどのようなものであるか、そうした部分を簡単にでも頭に入れておくことが大事であると感じました。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 法人化後、国立大学法人は大きな変遷を遂げているといえます。法人化により業務は増加していますが、自分で選んだ大学を変化させることが出来得る時期であるとも言うことが出来ます。この教育・研究を支える大学という職場の大きな変化の時期に、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

ページトップへ戻る