若手職員の声2012

所属課名: 財務部財務課 名前:M・N 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 教育が重要なものであると認識していたため、教育にかかわる仕事に興味がありました。その中でも、自分にとっては大学で過ごした時間がかけがえのないものであり、“大学”が好きだったため、少しでも高等教育の発展に貢献し、大学をよりよいものとしたいと考えていました。加えて、勤務条件や福利厚生の面からも、女性が長く働くことのできる職場なのではないかと思い、大学職員の仕事を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 現在は、大学の予算を要求・管理する業務を担当していますので、各課がどのようなことに取り組んでいるのか、何にいくらお金をかけようとしているのか、というように、大学全体のことを把握しなければなりません。大学の収入・支出を把握し、大学の状態を知ることができるからこそ、自己収入が増えたときは、大学が重点的に取り組んできたことの成果が出たことを実感でき、やりがいを感じます。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 大学の予算管理をしているため、税金と学生の授業料が大学の運営に使われていることを、常に意識するようにしています。予算追加の要望があるときは、なぜ必要なのかを、自分がかわりに説明できるように理解しなければならないと考え、担当者に質問するようにしています。ただ、相手に時間をとらせすぎてもいけないので、要点をまとめ、自分でできる限り情報収集したうえで問い合わせるよう心がけています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 現在担当する業務では、予算の執行計画の取りまとめが大変です。各部署の執行状況と今後の執行予定を把握し、どこにいくら予算を配分するかを考えます。この費用は本当に必要なのか、学生のためになるのか、収入増につながるのか等、判断が難しいこともありますが、不明点があれば担当者に問合せをし、上司に相談しながら、自分の基準を持って地道にこなします。細かな作業の積み重ねですが、完了したときに達成感があります。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境でよかったと感じることは、様々な組織の方と仕事ができることです。出向者が多いため、所属機関だけでなく、他機関についても知ることができるので、とても勉強になります。それらの情報を参考にし、今後の仕事に生かしたいと思っています。
    また、勤務時間の面では、早期退庁が推奨されているため、自分の時間を大切にすることができます。繁忙期は大変ですが、時間外勤務手当は出ますし、福利厚生や休暇制度もしっかりしていますので、大きな仕事が完了した後の休暇を励みにがんばることができます。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学の業務は多岐にわたるため、いろいろな仕事を経験することができます。私は以前は学生と接する機会の多い学生支援業務を担当していましたが、現在は財務課で予算という全く異なる仕事をしています。自分の希望する仕事を担当できるとは限りませんし、どの仕事であっても大変なことはあると思いますが、さまざまな業務をこなすことにより、大学に対する知識が深まるとともに、自分の可能性も広がるおもしろい職場だと思います。ぜひ採用試験に挑戦してください。一緒に働ける日を楽しみにしています。

ページトップへ戻る