若手職員の声2011

所属課名: 財務課 名前:T・S 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在私は経理係にて旅費や謝金、給与の支払いについての業務をしています。お金を扱う仕事ですのでミスをしないよう、規程や税務に関して知らないことがあれば調べながら慎重に行うよう注意して仕事をしています。書類について疑問な点があれば、資料と付き合わせたり、上司の方や担当係の方に相談して適切に支払が行われるようにします。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 私の仕事は大学の使命である教育研究に直接つながっているものではありませんが、教員の方が教育研究活動を行いやすいよう場を整え、また研究に専念してもらうことで教員の方の仕事を下支えし、その研究成果が社会に対して還元される手伝いをすることができるという事にやりがいを感じています。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 職場の雰囲気は非常に和やかです。職場柄か穏やかなばかりで、上司の方も丁寧に仕事を教えて下さり、質問をしても嫌な顔一つせず答えて下さいますので相談しながら仕事をしています。ただそれに甘えることなく早く仕事に習熟できるよう努力していきたいと思っております。研修や講習会等にも積極的に参加させていただいています。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 私は大学3年の冬から民間企業の就職試験と平行して公務員試験用問題集などを使って勉強しました。文章理解や数的推理についてはSPIのものとあまり変わらないのでそちらでも対策にはなります。暗記が必要なものに関しては高校レベルのものも多く出るので一通り過去問を解いてある程度知識が残っている科目を重点的に覚え、ある程度勉強する範囲を絞りました。試験範囲は膨大ですが、これまで蓄積してきた知識を生かしながら焦らず得意分野で一点でも多く獲得できるようにすることが大切だと思います。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 自信を持って面接に臨めることが大切だと思います。人生の大事がかかった勝負の場ともいえますので緊張するのは当たり前ですが、自信を持つための自己分析、受験機関についての研究をしっかり固めていきましょう。また私は民間企業とも平行して受けていたのですが1つでも多く場数を踏んで慣れておくことも重要だと思います。回数を重ねることで面接の中で自己分析が固まることもあります。予期せぬトラブルにあうこともありますのでそんなときは落ち着いて対処することが大切です。私の失敗例としては他の方が面接をキャンセルしてしまい複数面接が個人面接になってしまいプレッシャーに負けたということがありました。

ページトップへ戻る