若手職員の声2012

所属課名: 財務課 名前:T・A 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私が国立大学法人等職員を選んだ決め手は、「人」でした。いくつかの公務員試験と国立大学法人等職員採用試験を併願していた受験生時代、ある大学の事務長とお話をする機会に恵まれ、その方の高い志と熱い思いに憧れて国立大学法人等職員を志望しました。今の機関を就職先として選んだのも、採用担当の方々の人柄に魅かれたからであり、私は「この人たちと一緒に働きたいか」というのを常に意識して志望先を選んでいました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、給与業務を担当しています。給与業務は人事給与システムの扱いから所得税、社会保険、労働保険など、多くの知識が必要とされ、しかも支給ミスが許されない業務のため、日々非常に緊張感があります。また、年末調整のある年末年始や人の異動が多い年度末は業務量が膨大になります。しかし、これらを乗り越えて毎月滞りなく給与明細を教職員の手に送り届けられた時の安心感は何物にも代えがたいです。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を進める上で心掛けているのは、見直しです。私は学生時代、よくテストで答案の見直しをせずケアレスミスで失点してしまいました。しかし、現在の給与業務に携わってからは学生時代の悪癖を反省し、自分が行った作業については自分の手を離れる前に必ず二度三度見直しをするよう心掛けています。当たり前に思うかもしれませんが、意外と普段意識していない人も多いですし、ちょっとしたミスを減らすのにはとても有効だと思います。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 担当した業務の中で一番大変だったのは、年末の給与業務です。年末には通常の給与支給に加えて賞与と年末調整があり、私は給与業務にまだ不慣れな段階で初めての賞与と年末調整の業務に携わったため、知識不足と業務量に辟易しました。しかし、経験豊富な先輩の力と気合で何とか乗り切ることができました。大変な業務に臨んだとき、最後は精神力が勝負だと思います。心が折れなければなんとかなる、と思っております。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 私の気分転換は睡眠です。悩んだときや気分が晴れないとき、無理に解決しようとしても気持ちがついてこなくて考えがまとまらないことが多いと思います。そんなときは睡眠を挟むと、とりあえず気持ちは落ち着くので、一旦寝て起きてから改めて色々考えるようにしています。また、休日にときたま近所に住んでいる義父のところにお邪魔して一緒に食事をしたり、義父の飼っている犬と遊ぶのもとてもリフレッシュになります。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 私自身、採用されてまだ1年目ということもあり、まだまだ暗中模索の毎日です。その中で日々感じていることは、周囲の方々への感謝の気持ちです。仕事を覚えていくにつれ、つくづく業務というのは独力では回らず、上司や先輩職員の助力があって初めて成り立つものだと痛感しています。国立大学法人等職員を目指す皆さんも、是非周囲への感謝の気持ちを忘れない職員になっていただきたいと思います。一緒に仕事をできるのを楽しみにしております。

ページトップへ戻る