若手職員の声2015

所属課名: 総合企画室 名前:O・S 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  自由な学びの場であった大学生活が、自分自身にとって非常に有用な時間であり、社会に出てからもそこでの経験が糧となっていると感じ、そのように価値を実感できる大学という場所で働くことで社会に貢献したいと考えたからです。また、キャンパスという落ち着いた環境で日々の業務に就くことができることも魅力でした。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  業務が多岐に渡り、それを少人数の職員で担当しているということです。各学校行事の開催や学生支援等の想像しやすいことから、研究推進や地域連携、広報、財務、人事、情報システム管理等の組織運営に関すること等、多くの業務があり驚きました。また、それらを少人数の職員で担当していることから、一人に一つの行事運営を任せる等、一人ひとりの裁量が広く、思っていたよりもやりがいもあり、同時に責任も大きいと日々実感しています。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  社会に貢献していると日々実感しながら働けることです。将来の社会を担っていく学生に接しサポートができたり、地域の方の憩いの場となっているキャンパスの管理をしたり、新聞に掲載され社会から期待される大学改革(グローバル人材の育成等)に携わったりと、社会や地域との関わりを実感しやすい環境であると思っています。私にとっては、その実感がやりがいに繋がっています。また、業務が多岐に渡るため、色々な業務に携わり自分の可能性を広げられる面も魅力だと思います。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  相手の立場で考えることを心掛けています。仕事には正しい「答え」が常にあるわけではなく、それも依頼元である相手によって異なります。相手の立場で何が求められているのかを考えることで、例えばコピー1つ取ってもページを入れるのか両面印刷にするのかが変わります。また、多くの方の協力の元で仕事を行うため、一緒に仕事をする仲間の立場を考えることも大切です。確認を依頼するタイミング等、相手の状況を把握し作業するようにしています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  意見の言いやすい雰囲気だと思います。一人ひとりに与えらる裁量が広いため、色々と自分で考えて仕事を進めていく必要がありますが、その分、個々人を尊重し、上司部下という関係に関係なく、意見を言いやすい雰囲気だと感じています。また、意見を言いやすいことから、皆に我慢等がなく、明るく活発な雰囲気だと思います。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  大学教職員のフットサルチームに入っており、週に一度、業務後にフットサルをし汗を流しています。身体を動かすことで気分転換になりますし、業務を離れての人脈もでき、仕事面の相談もできたりと、自分にとっては大切な場となっています。私の場合は運動ですが、どんなに忙しくても、自分が好きなこと、夢中になれることに触れる時間を作ることが大切だと思います。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  英語スキルを伸ばしたいと思っています。今、大学は社会から強く「グローバル化」を求められており、日々英語を使用する業務が増えています。留学生への対応は勿論、留学協定校とのやり取り、各先生方の研究補助や、海外への広報など色々な場面で英語を使用します。英語ができないからといった理由で、業務の幅を狭めたくはないため、学内の英語研修等を利用しながら、英語の勉強に励んでいます。

ページトップへ戻る