若手職員の声2012

所属課名: 総務部総務課 名前:R・S 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私はもともと公務員を志望していました。筆記試験の後、様々な機関を調べていく中で、法人化された国立大学法人等は、公務員にくらべ、財政的に、より自主、自立が重んじられることがわかりました。国立大学等職員になれば、事務職員として、より深く機関の運営に携われると思い、志望しました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 人事労務の業務は機密性の高い情報を扱う仕事であり、常に緊張感のある仕事です。大変だと感じる時もありますが、給与や休暇、労働環境など、職員の生活に直接係わる業務ですので、職員の方々から感謝されることが非常に多い仕事です。私は職員の方々を含め、研究者や業者の方などから信頼されることにやりがいを感じます。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を行う上で最も大事だと思うことは、スケジュール感です。どの部署、どの業務も複数の業務が同時に並行して進んでいきます。業務を一つずつこなしていくことは、あまり効果的な仕事の進め方ではないように思います。今やらなければいけない仕事、来週締切の仕事など、きちんと把握し、整理して仕事を行うことは、精神的な余裕を生み、仕事のミスも少なくなると思っています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 人事の業務は、やはり年度末がピークです。大量の職員の採用、退職の手続きに加え、転居する人等、環境が変わる時期ということもあり、非常に大量、繁雑な事務作業がありました。その中で、数ヶ月前から、手続き、申請書の簡素化等を行い、早くから準備を行ったことにより、大きなミスなく作業を終えることができました。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 国立情報学研究所は他機関と比べ、人数の多い機関ではありません。その分、職員同士が非常に近い関係にあります。わからないこと、困ったことをすぐに上司、同僚に聞くことができる環境にあり、また他部署の職員へも同じように気軽に質問をすることができ、どの機関よりも風通しが良く、アットホームな職場であると自信をもって言うことができます。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 国立情報学研究所は都心に位置しており、帰りにいろいろと買物をすることが私のリラックスできる時間です。神保町、御茶ノ水がすぐ近くにあるので、本屋や楽器店などをめぐっています、きちんと自分のスケジュール管理をすれば、残業も多くならないので、比較的自由に過ごせる時間が多く、休めるときはゆっくり休むことができます。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 私達、研究所を含め大学職員は非常に多岐にわたる業務です。もちろん大変なこともありますが、たくさんの業務を経験できることは確実に自分にプラスとなります。
    また、他の省庁や大学等との人事交流もあり、人間として成長できる可能性が詰まっています。皆さまが国立情報学研究所を含め、国立大学法人等職員に興味を持っていただけたら幸いです。

ページトップへ戻る