若手職員の声2015

所属課名: 総務部総務企画課 名前:N・T 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私はもともと学生時代に教育政策について勉強していたので、教育機関で働くことにとても興味がありました。その中でも国立大学等職員で働くことは、どのような形であれ、日本の教育の今後を支える大変意義深いことだと感じていたので、この就職先を選択しました。また、今の職場は私の生まれ育った市にあるので、地元で働くことによる地域発展への貢献も、進路決定の際に加味した点の一つです。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  採用前に、職場見学などの機会を設けていただきましたが、具体的に自分がどういう仕事をすることになるのか、なかなかイメージできませんでした。ただ実際に働いてみて驚いたことは、若手でもかなり責任ある業務を担うということです。私の職場は小規模なため、一人で幅広く仕事をこなす必要があります。右も左も分からない新人にとっては大変なことが多いですが、それだけ多くの成長できる機会があると言えます。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  よく一般的にも言われていることですが、「報告」「連絡」「相談」の報・連・相は常に意識するよう心がけています。先輩職員の方々と比べると、私の経験はまだまだ浅いため、自分だけの判断で仕事をしてしまうと、うまくいかないことが多いです。そのため、細かなことでも周りの先輩に確認するようにしています。そうすることで、自分が今どんな業務に取り組んでいるのか周知でき、いざという時に先輩職員からサポートしていただけます。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  職場の雰囲気はとても和やかだと思います。もちろん、業務中は各自集中して仕事を進めていきますが、お昼休みなどには楽しげなおしゃべりが職場に響いています。比較的小規模な職場ですので、職員同士の距離が近く、お互いによく声をかけ合っています。また、仕事終わりに飲み会を開くこともしばしばあります。そういった雰囲気のおかげで、仕事が大変でも頑張ろうと思える意欲が湧きます。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  休みの日に友人と過ごすことが、私の気分転換となっています。私は野球が好きなので、同じく野球好きの友人と、プロ野球観戦に行って贔屓のチームを応援することが、気持ちをリフレッシュさせる方法の一つです。また、友人とたまの機会においしいものを食べに行くことや、カラオケで思いっきり歌うこと、お酒を飲みながら楽しく話すことなども、また仕事を頑張ろうと思える、良い機会となっています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  今はまだまだ仕事そのものを覚えることに手一杯ですが、今後は任された仕事をただ言われるがままにこなすのではなく、自分なりにしっかりと考えて、必要な業務+αの仕事ができるよう、先を見通す力を身につけていきたいです。また、優先順位を間違えずに、やるべきことから適確に取り組んでいけるような、業務のマネジメント能力を高めることを目指し、日々の経験を積み重ねていきます。

ページトップへ戻る