若手職員の声2011

所属課名: 総務部総務企画課 名前:J・U 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在、私の担当している主な仕事は、卒業式や入学式等の式典、その他大学行事全般の企画運営です。また、職員録の作成、法人文書ファイルの管理、大学基金の業務、身分証明書の発行に関する業務、大学宛各種照会への回答、大学に来る郵便物の仕分けなど、多種多様な業務を行っております。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 大学行事の企画運営業務については、1年ほど前から日程が決まっており、学長を始め、多くの職員、学生等、参加者が多数に及ぶため、当然、事前に行わなければならない準備が多く、またミスはできないというプレッシャーも大きいです。しかし、裏方として行事を支え、無事に終了した時の達成感は何ともいえません。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 職場の雰囲気は、適度な緊張感がありながらも自由に発言できるよい環境だと思います。特に行事の運営業務は、手順、費用等いかに効率よく進めるかが課題となってきますので、たくさんのアイデアが求められるため若手職員の声も積極的に採用してもらえる機会が多いです。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 私は職場のフットサルチームに属しており、月に1度、文部科学省の職員が行っているリーグ戦に参加して汗を流しております。普段の運動不足解消にもなりますし、年の近い同期や先輩職員、上司も多く参加していますので幅広い良好な人間関係を築ける良い場となっています。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 2次試験は面接のみでしたので、自分をいかに理解するか、また面接官に理解してもらうかを心がけました。あまり、自分を良く見せようと考えるよりも、私という人間がどのように育ち、経験し、学んだのかを伝えるようにしました。試験が終わって考えてみると、あまり見栄を張らず、ありのままの私を見てもらえた事が良い印象を与えられたのではないかと思います。あまり試験、試験と考えずに、多くの人の前で自己紹介をする場だと考え臨んでみてはどうでしょうか。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 私の場合、医歯系総合大学院大学から内定をいただいた関係もあり、採用までの間は医療事務の勉強をしておりました。しかし、いざ勤務してみると私の学んだ知識はただ詰め込まれたものにすぎず、全く実用的な知識ではなく実際には、そのような専門的な知識よりも、時事問題やパソコンの基礎的な技術の方が多く要求されました。採用までの期間は、新聞などを積極的に読み広い教養を身につけるのが良いかもしれません。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学の仕事は、公務員的な仕事であまりパッとしないという考えをお持ちの方も多いかと思いますが、多くの魅力がある職場です。法人化されたことにより、各国立大学法人等によって考え方も異なり、職場の雰囲気も、行っている業務に関してもさまざまです。また、福利厚生も整っており、女性にも働きやすい職場環境です。
    皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。頑張り過ぎはいけませんので、適度に気を抜きながら頑張ってください。

ページトップへ戻る