若手職員の声2015

所属課名: 総務部産学・地域連携課 名前:S・W 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  地元で公務員として働きたいと考えていた私は、初めは公務員試験の一環として国立大学法人等採用試験を受験しましたが、国立大学職員という業務について、調べていくうちに学生支援、企画広報、国際交流等一つの職場で様々な経験ができる点に興味を抱き、この仕事を選びました。
     また、県内の他の教育機関との人事交流や文部科学省へ研修出向も行われており、希望すれば更に自身の視野を広げられることができる点も魅力の一つです。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  大学事務というと、学生課、総務課、国際課あたりをイメージしておりましたが、私は産学・地域連携課という課に配属され、知的財産に係る業務を担当することになりました。最初はどのような仕事をするのか良く分かりませんでしたが、実際に働いてみると、将来社会で活用されるかもしれない発明を近い場所から見ることができるため、特殊な業務で大変ではありますが、この仕事はとても面白いと思いました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  知的財産に関する業務は特許にかかる専門知識が必要であり、最初は分からないことばかりで大変でしたが、上司に教わり、時には専門家に直接問い合わせるなど、業務を学んでいくうちに徐々に周りから信頼され仕事を任せてもらえるようになったときはやりがいを感じました。
     また、ニュースで大学の教員や学生が研究の中で発明したものが取り上げられ、世間で役に立っているのを見たときは自分も間接的にではありますが知的財産にかかる業務に関わっていると思い嬉しく感じます。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  私が、仕事を進める上で心掛けているのは、とにかくメモを取ることです。このことは入った当初から気を付けていることで、特に企業とのやり取りが多い部署のため、電話で聞いたことについても忘れないうちに内容をまとめてメモを残し、会議等で周りに説明を求められた際にも対応できるように意識して仕事をしています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  本学は事務局の規模もあまり大きくないため、職員同士の交流も多く、部署間の溝もありません。このため、職場はいつも穏やかな雰囲気です。
     また、定期的に課内や若手の飲み会もあり、良いコミュニケーションを築くことができているため、とても仕事をしやすい環境です。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  終業後に同僚や、他の職場で働いている学生時代の友人と夕食を食べに行ったり、休日は実家へ帰って家族と過ごしたり、祖父母の家で農業の手伝いをするなどして気分転換しています。
     また、春~秋にかけては職員野球部やテニスサークルがあり、体力を付けながら楽しく過ごしております。

ページトップへ戻る