若手職員の声2012

所属課名: 総務部教育人間科学部支援課 名前:S・H 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 学生の頃から図書館司書や博物館学芸員など、教員以外の形で教育に関わる仕事をしたいと考えていました。そんな中でこの仕事を選んだ決め手は、大学という高等教育機関の運営に携わることで、社会に出て行く人たちの力になりたいと思ったことです。在学中に窓口対応をしてくださった職員の方がどんな仕事をしているのか興味を持って調べたところ、それまで考えていたのとは違う形で社会に貢献できると感じ、この仕事をしたいと思いました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 難しい案件を処理した時も達成感はありますが、先生方や学生さんから感謝の言葉などを頂いた時、特にやりがいを感じます。学部事務のため先生方とやり取りをすることが多いので、質問があればできるだけ早く丁寧に回答したり、負担にならない方法を提案したりすることで、自分の業務以外についても先生方が教育や研究に効率よく取り組めるようお手伝いをするようにしています。それらの対応が実った時は、些細なことでも喜びを感じられます。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • ひとつの業務に気を取られると他のことをおろそかにしてしまいがちなので、とにかく忘れないようにすることを心掛けています。パソコンのキーボードなどよく見えるところにメモを立てたり、毎朝処理するべき案件を一通り確認したりする習慣がつきました。
    また職員さんや先生方とよく会話をするようにしています。主に業務の内容に誤りがないか確認するためですが、担当外の業務や業務以外のことについても見聞を深められる貴重な場だと思っています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 業務についての疑問点や判断に悩むケースがある時、先輩方に尋ねると快く助言をもらえるのは素晴らしいことだと思っています。参考になる過去の事例と対応を紹介してくれることもあります。直接担当ではない関連業務についても、今後の参考にとわざわざ時間を割いてくれることもしばしばです。今はまだ経験が浅く、一人で対応できないことも多いですが、貪欲に知識を吸収すれば、必ず自分の成長につなげることができる環境であることを実感しています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 休日は食品や生活用品の買い物に出掛けることが多いですが、それ以外はできるだけのんびりと過ごすようにしています。仕事に打ち込む平日とのメリハリをつけたほうが、月曜日からまた頑張れるような気がするからです。仕事中に行き詰ってしまったときは、ココアなどの甘い飲み物を飲みながら頭の中を整理する時間を作ることもあります。5分にも満たない短い時間ですが、気持ちの切り替えと糖分の補給ができるので気に入っている方法です。

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 仕事を始めてから自宅で植物を育てるようになりました。最初は家庭菜園が中心でしたが、最近は花や観葉植物も増やし、玄関にも小さな鉢植えを並べるようになりました。水をあげ忘れてしょぼんとしてしまった姿を見て申し訳なく思うこともありますが、日々少しずつ成長しているのをふと実感した時、とても幸せな気分になれます。私も植物たちに負けないように成長してきたいと思いながら、まずは毎日水遣りを欠かさないように気を付けているところです。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 仕事をしている中で、上司や先生方の「大学」に対する意識の高さを感じています。特に大学改革なども叫ばれている時期ですので、よりアンテナを張って、組織に求められているものや現状について情報収集をし、自分なりに意見を持つことをお勧めします。積極的に知識を得ようとする姿勢は、どんな仕事においても必ず役に立ちます。ぜひ大学をより良い方向に引っ張っていこうというパワーを持って、就職に臨んでください。

ページトップへ戻る