若手職員の声2015

所属課名: 総務部企画課 名前:T・A 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  ご縁があって大学職員の方のお話を聞き、法人化後の大学の取り組みについて興味を持ったことと、合同説明会で出席した各機関の説明がどこも面白そうだったことです。私は他の公務員試験も併願していましたが、合同説明会を通じて国大職員として働く自分のイメージができました。その中でも職員さんたちの雰囲気が良かった現在の職場を志望し、ありがたいことに採用していただけました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  教員の方々の研究を紹介するイベントや公開講座に沢山の参加者が集まったときに、広報としてとてもやりがいを感じます。特に、終了後のアンケートで「こんなに面白い研究が行われているなんて知らなかった!」「驚いた!」といった肯定的なコメントを書いていただいたときは、本当に嬉しくなります。教員の方々の研究を、広報を通してサポートしていくのは、国立大学法人等職員ならではのやりがいだと思います。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  教員や他部署の方々と普段から積極的にコミュニケーションを取ることです。広報はチーム外の様々な方と一緒に仕事をすることが多いので、そうした方々と何気ない会話や意見交換ができる間柄になることが、円滑に仕事を進める上でも重要だと思います。また、他部署の仕事を知ることで、自分が未だ経験していない様々な職務に目を向けることができ、将来希望する業務を見つめ直すきっかけにもなります。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  広報チーム内の契約全般を担当していますが、広報に関する支出はweb、刊行物、イベント、など種類が多く、金額も大きいため、異動した一年目は契約の際に仕様を把握するのが大変でした。しかし、もともと給与担当で細かい確認作業に慣れていたのと、会計課にいた同じ課の先輩に助けを借りて、何とか広報にかかる契約の全体像を把握できるようになりました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  同期や先輩・後輩同士の仲が良く、気兼ねなく過ごせる職場だと思います。私は先輩によく仕事上の相談に乗ってもらい、本当に感謝しています。また、教員と事務系の距離が近い職場でもあります。皆でお酒を持ち寄って一緒に飲んだり、関西出身の教員によるたこ焼きパーティーをしたりと、楽しい会が開かれます。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  私の気分転換は、武道の稽古です。昨年始めた拳法がとても楽しく、週2回稽古で汗を流して気分をリフレッシュしています。よく食べよく眠り、思いきり体を動かせば、大抵のことはスッキリすると思います。また、最近オーディオ機器を充実させたため、心地良い音楽を探してきて家でかけるのが楽しみの一つになっています。

ページトップへ戻る