若手職員の声2012

所属課名: 総務部人事課 名前:Y・T 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私はもともと大学という場所が好きで、就職先を考えた際、大学で働くのもいいなぁとぼんやり考えていました。そして、一次試験前のセミナーや試験後の合同説明会、各大学の独自説明会で、大学という場所で働くことにより教育・研究・医療を通して社会貢献できることを知り、国立大学で働きたいと強く思うようになりました。また、どの大学の職員の方も明るくお話してくださり、アットホームな雰囲気を感じられたことも選んだ決め手です。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在人事課で、本学教職員の採用や退職、休職等の任用業務を担当しています。事務手続きなのでその場では成果があまり感じられないこともありますが、採用手続きや育児休業からの復職手続きを担当した方が実際に本学で働いている姿を見たときに、やりがいを感じます。また、諸手当の認定や兼業の手続き等で接した教員の方が社会的に意義のある研究をしていることを知ったとき、そのような立派な先生方の力になれていることを誇りに思いました。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を進める上で心掛けているのは、「自分で出来そうなことは自分でやってみる」ということです。職場にはベテランの先輩方が多くいらっしゃるので、聞いてみればわかることもたくさんあります。それでも今の若手の自分としては、最初からすべて聞くのではなく、一旦自分で考えたり調べたりして、自分でやってみることが大切だと思っています。そうすることで知識が増え、実践力が鍛えられ、自分のキャリアアップにも繋がると思います。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 私の所属している人事課の任用担当の部署では、一年のうち年度末(2~3月頃)に業務が集中するため最も忙しく、山場と言われています。大変だという話は先輩や上司から聞いていたので、とにかく前準備を怠らずにしっかり取り組んでいました。11月頃から年度末に向けての準備を始め、給与再算定の業務を年内には終わらせていました。それでも初めての年度末は本当に忙しかったですが、先輩や同僚たちに助けられ乗り切ることができました。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと感じていることは、仕事の手法が型にはまっていないものに関しては自分の考えた方式に変えていけるという点です。自分の考えで物事を進められるというのはやりがいを感じますし、モチベーションも高く保てます。また、職場環境の利点として、女性も一生働ける環境である点も挙げられます。本学の敷地内には保育施設があり、職員で育児休業を取得した方も多くいらっしゃいますので、長い目で見て安心して働くことができます。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 「大学で職員として働く」ということは、なかなかイメージができないかもしれません。私もそうでしたが、セミナーや説明会などの機会に積極的に参加し、国立大学法人等の社会的な存在意義をよく知り、職場の雰囲気を肌で感じることが大切だと思います。その中で、各々の機関の特色を理解し、ご自分に合った機関を探してみてください。それが本学であれば幸せです。皆様と一緒に笑顔で働ける日を楽しみにしています。

ページトップへ戻る