若手職員の声2015

所属課名: 総務課 名前:Y・T 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私が国立大学法人職員という職業を選んだ理由は、業務を通じて学生の教育・研究や教員の研究、学生への指導活動を支援できる事です。直接、教育や研究に携わるわけではありませんが、学校経営の裏方として学内における教育環境を整えるといった業務を通じて、社会の発展を担っていく学生をサポートし、学校で過ごす方々の役に少しでも立ちたいと思い、この仕事を選びました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  採用前は学校の職員ということで学生と接する機会が多いと思っていました。しかし、実際に働いてみると接する機会が多いのは先生、もしくは取引先の業者の方が多く、学生と接する機会があまりありません。学生課に配属になればまた違うと思いますが、財務係に配属されているため学生と実際に面と向かうような仕事はありません。しかし、仕事の合間に学生が元気に授業を受けている姿を見るとこちらも仕事を頑張ろうという気持ちになります。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  私は現在予算、決算の管理業務を担当しています。毎日、試算表、キャッシュフロー表、損益計算書等の財務諸表とにらめっこしています。入った当初は、どれが何を意味するのかがさっぱり分かりませんでしたが、先輩職員の方に質問したり、自分で勉強したり、研修に行くなどして少しずつ分かるようになっていきました。わからないことがわかるようになるのは気持ちのいいもので、今では毎年度ごとの決算で適正な会計処理がされている財務諸表を見ると、自分の頑張った甲斐があったと実感できて、嬉しい気持ちになります。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  学校という職場は、学生、先生、そして私達職員が過ごす場所であり、さらに業務内容によっては、共同で研究を行う企業の方、取引のある業者の方、学生の保護者、地域の方々といった様々な人々と接する機会のある職場です。人と接する上でマナーや礼儀はとても大切です。特に学校の外の方と接する場合には、学校を代表する一人として恥じないよう行動や言動に気を付けるよう心掛けています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  私は学校の予算管理と、適正な予算執行を確認をする業務を担当しています。そのため、各先生又は各係の業務内容、予算の執行内容を把握する必要があります。実際にこの経費が必要なものなのか疑問に思ったり、支払内容について不明瞭なものがあったりと、どのように判断すればよいのか悩む場合があります。不明な点は各担当者に確認を取ったり、上司に相談するなどして、自分の中の基準を作りながら日々業務を行っています。各担当者の考えや業務について深く理解をすることができるので、学校全体でどのような活動をしているのかがわかり、自分もその中の一人として働いていることが実感できます。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  私の働いている学校では、年に2回春と秋にクラスマッチという学生達がバレーボールやサッカーなどのスポーツをする催しがあります。そのクラスマッチには教職員チームが競技ごとに出場することになっており、私達教職員チームは春季大会においてバレーボールで準優勝、ソフトボールで三位になりました。大人げないとは思いますが、学生に勝つと嬉しいです。普段あまり接しない学生達と接することができますし、なにより仕事の気分転換になり、毎年楽しみしております。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  毎週土曜日には学校のテニスコートで教職員数名でテニスをしています。私はテニスをこれまでやってきたことはなかったのですが、この学校に配属されて他の教職員の方々に誘われてからやるようになりました。近くの大学の教職員の方々とも試合をしたりもしますので、交流関係も広がりますし、なによりストレス解消になり、休日を経てまた月曜日から仕事を頑張ろうという気持ちになります。

ページトップへ戻る