若手職員の声2015

所属課名: 総務課 名前:A・T 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  学問に資する仕事をしたい、学問と教育を支える役割を担いたい、という希望を元来強く持っていました。この希望を叶え、自分の能力を活かすことができる場所として就職先を考えたときに、最も合致するのは高等教育機関ではないかと思いました。そして高等教育機関の中でもより公共性が高い仕事ができる場所なのではないかと考え、国立大学等職員を選びました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  採用前まで私立の学校で勤務していたため、校風・雰囲気の違いに驚きました。私立よりも、色々な意味できっちりとしているなと感じたことを覚えています。
     またこれは規模が小さな学校ゆえかもしれませんが、本校は先生を含め教職員全体が各々顔が分かる状況です。このことは驚いたと共にアットホームで良いなと感じました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  研究・教育を支えていると実感できる点が最も大きな魅力です。また様々な業務に携わることになるため、幅広い分野の知識・経験が必要になってきます。大変なことも多いですが、学びがい・やりがいがある環境だと思います。
     また様々な分野の専門家である先生が身近にいる環境は、非常に知的好奇心を刺激します。これも国立大学法人等機関で働く際の魅力の一つであると感じています。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  周囲の人と密にコミュニケーションを行うことを心掛けています。特に現在は新しい部署に配属されたばかりで分からないことだらけなので、しっかりと周囲の人と話をして対応するようにしています。
     また元々人と接することが好きだということもあり、せっかく働くのならば楽しく働くことができるよう自分のできる範囲で心掛けよう、と考えながら周囲と接するようにしています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  今年の年度末・年度初めは、自分の異動も重なりかなりの忙しさでした。仕事量はもちろんですがそれ以前に知識・経験が足りず、悔しい思いをしました。この状況を打開するためにはまずはやってみることだと考え、周囲の方達の協力を得ながら積極的に業務にあたってきました。現在もまだまだ分からないことだらけですが、まずは一山越えることができたと思います。今後も積極的に物事に取り組み、知識・経験を蓄積していきたいと考えています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  現在所属している総務課はマイペースかつ穏やかな方が多い職場であるように思います。困ったことや分からないことがあったときに質問しやすい雰囲気があり、とても助かっています。
     学校全体の雰囲気も良い意味で緩やかな感じがします。またとても自然が豊かで、桜や紅葉がきれいだったり羊が飼われていたりハクビシンが住んでいたりといった環境です。自然と動物達に癒やされる日々です。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  友達と遊んだり、趣味に没頭したりで気分転換をはかっています。趣味としてはバンド活動や読書、自転車、旅行など、とにかく自分が好きなこと、楽しいと思うことをするようにしています。
     バンド活動は学生時代から続けています。卒業して何年も経ち、それぞれの環境で生活をしている友達と定期的に集まって一緒に演奏することは、良い気分転換であると同時に良い刺激にもなっていると思います。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  長期的な視座から仕事を進めていくことができる能力を身につけていきたいと考えています。また単なるルーティンワークではなく、自分の頭で考えて仕事に取り組む姿勢を徹底できるようになりたいと思っています。まずは現在の仕事に必要な知識・経験を高め、能動的に仕事を進めることができる力をつけていきたいです。

ページトップへ戻る