若手職員の声2011

所属課名: 総務課 名前:T・I 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 私の勤務先は、学校の規模が大きくないため、職員それぞれが広範囲にわたる業務に携わることが要求されます。従いまして、企画担当の私は産学連携、外部評価、外部資金、地域連携と多種多様です。それらの業務の中でも本校が特に力を入れているのが、地域連携です。子ども対象の公開講座に、学校をあげて取り組んでおり、私はプログラム作成や予算執行管理等の業務にも従事しております。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 休日は趣味である美術館巡りをしております。最近では、特に地方の美術館にも足を運ぶようにして、それらをデータベース化したホームページの開設準備もしております。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 1次試験対策は、主に公務員試験の試験対策として専門科目、教養科目にバランス良く取組むように心掛けました。特に、マクロ経済学・ミクロ経済学の基礎的な分野、財政学、政治学、行政学、社会学を重点的に勉強しました。ただし、本試験の直前期は、人文科学の参考書を活用し、基礎的な箇所を中心に勉強しました。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 内定から採用までの間には、あまり時間がありませんでしたの、PCに関する参考書を読むことぐらいしか出来ませんでした。今思いますと、その期間に高等教育に関する書籍や中央教育審議会の答申を読み込んでおけば、自分の学校の置かれている状況を的確に把握し、スムーズに業務に入ることが出来たかと思います。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学全入時代を迎え、今高等教育は改革期にあります。それ故に、大学という職場には、活気があります。今後の先行きは不透明ですが、きっと職場で学ぶことは多いはずです。

ページトップへ戻る