若手職員の声2011

所属課名: 総務課 名前:S・I 性別: 女

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 私は,人事に配属され,主に共済組合に関することを担当しています。教職員の被扶養者の認定に関わる書類を準備したり,毎年行われる現況確認で被扶養者の要件を満たしているかの確認などを行っております。また,委員会の資料の作成や議事要旨の作成なども担当しています。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 被扶養者の認定や現況確認に必要な書類を集めるのは,とても苦労しました。教職員それぞれの家庭に個々の事情があるため,必要な添付書類が異なります。それを把握し,的確に依頼する必要があり,それができたときはすごく嬉しかったです。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 職場の雰囲気は非常に和やかです。仕事を始めた当初はわからないことだらけで,不安でした。ですが,上司がとても頼りになる方なので,わからないことは素直に聞けばいいんだと思えるようになってからは,気持ち的にすごく楽に仕事ができるようになりました。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 私は,公務員になるための専門学校に通い,直前期は朝9時から夜9時までひたすら過去問と向き合っていました。すごく辛かったけど,友人と励ましあいながら乗り越えました。試験当日は,倍率からみても合格するなんて夢にも思いませんでした。そのため,逆にリラックスでき,試験に臨むことができたのだと思います。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 合格すると思っていなかった私は,正直発表日まで対策はしていませんでした。発表日に面接に来ませんかとお電話をいただき,そこから必死で面接練習をしました。面接当日は,とても緊張しましたが,面接官の方がとても優しく,和やかな雰囲気で面接を終えることができました。その場の雰囲気にもよると思いますが,変に自分を作らずに素の表情をみせることが大事だと思います。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 内定をいただいてからは,ビジネスマナー検定や簿記検定に力を入れました。ワードやエクセル等パソコンの実力をもう少しつけておけばよかったと思います。また,最後の学生生活だったので,海外旅行に行くなどたくさん思い出を作りました。とにかく,時間が自由な‘今’しかできないことをやっておくべきだと思います。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 就職氷河期の再来とも言われる中の就職活動は,辛いことも多々あると思います。私自身,たくさん悩みました。でも,この職場に就職できたことは,本当によかったと思っています。辛いことも絶対無駄にはならないので,最後まで乗り切ってください。皆さんの悔いのない就職活動を応援しています。

ページトップへ戻る