若手職員の声2015

所属課名: 総務課 名前:S・I 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私の幼少の頃の夢は『先生』でした。成長するにつれて職業選択の視野が広がり,公務員全般に興味を持ち,専門学校へ進学しました。様々な職種を調べていくうちに『国立大学法人等職員採用試験』を知りました。誰かを支える職業に就きたいと感じていた私にとって,幼い頃の夢だった『先生』を支え,学生の支援もできるこの職業に出会い,国立大学法人等職員になりたい!と強く思いました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  私は人事担当に配属されました。『学校事務』のイメージとして,直接学生と関わるものだと思っていた私にとって,この係はギャップの連続でした。職務内容としては,教職員の任免・給与計算・諸手当認定などを担当しています。ほとんど学生との関わりはない業務ですが,教職員の生活に関わる非常に大切な業務ですので,とてもやりがいを感じています。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  私の職場では,毎朝学生の『おはようございます!』という元気な声が聞こえてきます。そんなフレッシュなあいさつを聞き,1日が始められるということが魅力だと思います。また,寮を完備しているため,学生の生活全般に関わることができます。大変責任もありますが,1日1日学生の成長を存分に感じられる職場です。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  私の仕事は,給与等の『お金』の部分が大きく,ミスの許されない仕事です。仕事の書類は蛍光ペンで1つ1つ細部まで細かくチェックすることを心掛けています。また,細かな規則やわかりにくい制度などを教職員に説明しなければならないことが多いので,できるだけ噛み砕いてわかりやすい説明を心掛けています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  『諸手当の現況確認』は非常に苦労しました。これは,教職員全員へ書類の提出を求め,扶養や通勤などの各種諸手当が適正に支払われている確認する仕事です。教職員1人1人によって必要な添付書類が違うため,大変でした。ですが,徐々に制度が頭に入り,書類を見なくても1人1人に合わせた説明ができる様になりました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  職場の雰囲気は非常に和やかです。私の所属している組織は,教職員みんなが顔見知りのため,アットホームな雰囲気で仕事を進めることができます。上司も相談しやすい方ですので,わからないことや不安なことがあったらすぐに相談できます。同僚との横の繋がりも非常に濃く,飲み会やご飯会などをよく開催しています。すごく働きやすい職場だと思います。

ページトップへ戻る