若手職員の声2012

所属課名: 総務課 名前:R・O 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私は、最初は公務員試験の一環として国立大学法人等採用試験を受けました。具体的に自分の将来を考えていくうちに、やはり慣れ親しんだ地元で働きたいと考えるようになりました。高等教育機関は地方ではより社会への影響力が大きく、また、そのようなところでは、目的意識と誇りを持って働いていけるのではないかと思い、この仕事を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、主に教育・研究活動に必要な物品やサービスを調達する業務を担当しています。文房具など数百円の契約から、1000万円を超えるような大きな契約まで、さらには清掃請負契約などの長期にわたる契約などもあります。そのような中で私がやりがいを感じるのは、自分が担当した物品が学校の中で使われているのを見たときや、教員の方々から感謝の言葉を頂いたときです。また、最新の研究機器などに接することができるのも魅力です。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が、仕事を進める上で心掛けているのは、周囲の人達と積極的にコミュニケーションを取ることです。最初は事務職員というと、黙々とデスクワークを続けているイメージがあったのですが、実際には違いました。係内での報告等はもちろんですが、教員の方々との意見の調整や、業者との打合せなどもあり、コミュニケーションの重要性を感じています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 私の職場環境で良かったなと感じていることは、風通しの良い職場だということです。私の職場は、他の大学や機関より職員数が比較的少ないので、他部署や教員の方々とのコミュニケーションが取りやすいと思います。些細な事でも相談できたり意見を言いあったりできるのは、ストレスの溜まりにくい良い環境だと思います。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 好きな音楽を聴いて気分転換をはかっています。車での通勤中・帰宅中に聴いて気持ちをリセットするようにしています。特に朝の通勤中には気分が盛り上がるような曲を聞いて、仕事への意欲を高めるようにしています。
    また、事務職はどうしても仕事中は体を動かす機会が少ないので、休日にはランニングなど運動をして気分転換をはかっています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 少子化や国の行財政改革等により、国立大学法人等の置かれている厳しい状況は皆さんご承知の通りかと思います。事務職員の業務範囲も広がっていき、求められる知識やスキルも多くなっていくでしょう。しかし、逆に言えばそれだけ成長できる環境だと言えると思います。これからも従来の考え方にとらわれない若い力がますます重要になってくるでしょう。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

ページトップへ戻る