若手職員の声2011

所属課名: 総務課 名前:I・W 性別: 女

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在、総務課人事係で人事・給与関係の業務に従事しています。人事・給与の業務は、労働条件や人事制度の観点から、全職員がそれぞれの職務に専念できるようサポートする仕事です。そのためには、自分の職場の制度だけではなく、さまざまな制度について、幅広い知識が必要とされます。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 幅広い分野の事項について、日々、勉強をする毎日です。この業務を始めて1年半ほど経過しましたが、いまだに知識不足を感じることもありますが、どれも自分にとっても身近な問題ですので、非常に興味深く、ためになる勉強が出来る点に、とてもやりがいを感じます。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 私は生来、人前で話すことが苦手で、それまでに受けた面接試験では、失敗してしまったと感じることがありました。それでも面接試験に受かることが出来ました。面接試験時の目標を一つに定めて試験に臨んだことが、成功の鍵だったと考えています。
    私は面接試験に際して、相手の話をきくことに目標を絞りました。その結果、試験であることを意識するよりも、面接官の質問に耳を傾け、真正面から答えることに意識が行くことで、緊張を和らげることが出来ました。
    みなさんも、面接時の目標を一つに定め、それについては必ず達成することを目指して試験に臨まれることをお勧めします。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 内定から採用までは、自分が採用になった機関について学ぶため、自分の機関の博物館を回りました。その時期に見学をしておいたことで、自分の機関を、第三者の視点から見て回ることができたことがよかったです。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人の採用試験を受ける方の多くは、教育や学術研究に興味があるのではないでしょうか。事務職員として働くことは、必ずしも、直接的にそれらに携われる訳ではありません。しかし、研究に専念するための落ち着いた環境に身を置くことで、充実した時間を過ごすことができます。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

ページトップへ戻る