若手職員の声2012

所属課名: 総務課 名前:A・H 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 公務員の仕事を研究していくうちに、学校事務という職業が持つ、職務の幅広さに興味を持ちました。人事・会計・国際交流・学生生活等ひとつの組織にいて、これだけの種類の職務が経験できる職場は中々ないと思いました。様々な職種・職場が経験できる国立大学法人等に魅力を感じ、目指すようになりました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 誰かのために動くことが多いので、感謝をされると嬉しいです。「いつもありがとう」などと言って貰えると、難しい状況でも、なんとか解決しようと頑張ってしまいます。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 人事の仕事は、大げさなようですが教職員の人生を左右する仕事です。時には教職員にマイナスとなるようなことも告げなくてはなりません。言い方ひとつとっても相手の受取り方によって印象が変わるため、常に言葉と態度に心を込めて、相手と接するように心掛けています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で感謝していることは、直属の上司がとても気さくな優しい人であることです。過酷なスケジュールが続いた後は、「そろそろお休みをとっては?」などと気にかけてくれ、上司自ら働きやすい職場環境を作ってくれています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • どんなに遅く帰った日でも、お風呂あがりに音楽を聴きながらマッサージをして、心と体をリラックスさせます。そうすることで翌朝も気持ち良く起床する事が出来ます。
    あとは定期的に友達と旅行を計画して、気分転換をはかっています。目の前に楽しみがある方が、仕事もはかどる気がします!

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 給湯室の近くに席があるため、仕事中はよく暖かい飲み物を摂ります。とくに紅茶・ハーブティーが好きで、休みの日に美味しそうな銘柄の紅茶を見つけては職場で試しています。仕事中に煮詰まった時などとてもいい気分転換になります。今のお気に入りはジンジャー&レモンのハーブティーです。気分がすっきりします。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等職員の仕事は、皆さんが思っている以上に幅広く、常に努力と勉強の連続です。しかし、そこには知識や経験、忍耐力など、得るものがたっくさんあります。学生や教員、研究者など自分とまったく立場の異なる人と同じ空間を共有することで感じるギャップも国立大学法人ならではの魅力だと思います。ここに来れば確実に人間力がアップします。たくさんの人が来て下さることを願っています。

ページトップへ戻る