若手職員の声2015

所属課名: 総務課 名前:Y・N 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私は就職先は公務員に狙いを絞っていました。大学時代に就職支援の事務職員の方に面接の練習をしていただいたことがありました。本番さながらで、面接後も適切なアドバイスや厳しいご意見をいただきました。就職はその人の一生を左右する大事な局面なので、就職活動を支援するという仕事に大きなやりがいを感じました。私はその模擬面接があったお陰で今があります。そのような、誰かの一生に残るような仕事をしたいと思いました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  採用前は、大学職員の仕事と言えば支援室で学生の対応をすることだと思っていました。しかし、私が配属されたところは大学の中期目標や中期計画の管理をしたり、自己点検評価や第三者評価の取りまとめをする係でした。私が大学生だったころには全く目に触れたことがない部分で仕事のイメージが掴めず戸惑いました。採用前に思い描いていた大学職員の仕事は実はほんの一部で、実際は仕事の幅が多岐にわたるということに驚きました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  魅力は、最先端の技術や研究に携われること、またそれを社会に還元できることです。私は以前公開講座を担当していました。大学の研究を地域の方に直に触れて貰ういい機会です。受講後のアンケートで「素晴らしい講座なのだから、もっと広報してほしい」という声があった時は、「大学と地域の橋渡しが出来るのは私なんだ」という強い使命感を抱きました。その後募集の広報範囲やポスターを工夫し、申込みが増えた時は感無量でした。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  私は気配りができるよう心掛けています。一つの仕事をするにも、様々な部署の方の協力が必要です。協力していただく方の仕事がなるべく増えないように、ある程度案を自分で作って提示するようにしています。気配りをするには、先のことを予想していないといけません。自分の仕事の流れを予想して、先回りして相手の負担を軽減する、なかなか難しいことではありますが、自分自身が働き易い環境を作るために重要なことだと思います。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  広報業務の一つである記者会への投げ込みが大変でした。各部局で行われているイベントやニュースを早めに把握しなくてはならず、どのようにその情報を収集したらいいのかが課題でした。広報を担当している教員に相談し、学内のグループウェアでイベント情報を掲載するページを新たに作成してもらうことになりました。各部局から今後の予定を挙げてもらうことでイベント情報の集約化、可視化を図り、仕事の効率化へと繋がりました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  小規模な大学なので教員と職員の距離が近く、和気あいあいとしています。また、頼れる先輩もいて、何か分からないことがあれば親身になって教えて下さり、職場以外でもよく食事にいって私生活の悩みの相談にも乗って下さります。仲のいい先生方とは先生のご自宅でBBQをしたり、上司のご自宅に招かれて焼肉をすることもあります。非常にアットホームな職場で、話し易い雰囲気を作って下さるので困った時に相談しやすい環境です。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  事務職員として働き始めて数か月で体重が激増しました。そこで週に2、3日ジムに通い始めました。初めは体重維持のためでしたが、今ではいいストレス発散になっています。また毎週金曜日の夕方からは他機関の方を含め、大学の体育館でバドミントンをして汗を流しています。その他大学時代の友達と遠出をしたり食事に行ったり、父と釣りに出かけたりと、職場の方以外との交流が多いので、仕事のことを忘れられ気分を一新できます。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  広報業務の一つである広報誌の作成やメルマガの運用は、多くの人の目に触れる機会があります。毎回読む人が楽しみながら本学に興味をもってもらえる内容やテーマを考える企画力を今後は伸ばしていきたいです。そのためには他機関の実施状況を確認し、情報収集をして、それを自分の大学に適した形に応用するなどのアウトプット力も必要となってきます。さらにはそれをうまく関係者に説明するプレゼン力も高めていけたらと思います。

ページトップへ戻る