若手職員の声2011

所属課名: 経済学部学務グループ 名前:M・S 性別: 女

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在は、経済学部の学務グループで働いています。主な仕事は、学生の履修・成績の管理、授業の補助などです。学生と窓口で接することが多いので、適度な距離感を保つことを心掛けています。様々な学生がいるので、対応の仕方に悩むこともありますが、学生から刺激を受けることも多く、楽しみながら仕事ができています。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 職場の雰囲気はとても穏やかで、仕事しやすいです。助け合おうとみんなが思ってくれていることが伝わってくるので、とても助かります。教員の方々もとても気さくに話しかけてくれて、趣味の話などもしてくれるのでとても楽しいです。学生もたくさん来るので、活気もあります。大学ならではの独特の雰囲気を楽しむと、よりよい仕事ができると思います。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 同期や先輩・後輩と仲良くしてもらっています。業務時間外には、一緒にご飯を食べに行ったり、テニスや登山などスポーツをしたりしています。同期には、普段職場で思っていることを素直に相談できるし、年齢も同じぐらいなので一緒に遊んでいるといい気分転換になります。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 私は、面接を楽しむようにしていました。どんな面接官の方々とどんなお話ができるのだろうかと考えるとワクワクしました。実際に、現在の職場の面接でもとても楽しい時間を過ごすことができました。楽しむためには、社会人として身だしなみや会話などでの当然のマナーを守ることが大事だと思い、気を付けていました。無理せず、自分らしく会話することができればいいのではないしょうか。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • もっと自分が在学していた大学のことに興味を持っていればよかったなと勤務してから後悔しました。在学していた大学の良いところ・悪いところを勤務先の大学と比較することによって、自分の仕事に活かせると思います。大学の職員として働き始めると、学生としての立場を考えにくくなってくると思うので、学生のうちに、“学生から見た大学”というものを考えておくといいかもしれません。

ページトップへ戻る