若手職員の声2015

所属課名: 経営企画室 名前:Y・K 性別: 男

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  仕事の締切が短く、作業量が多いことです。その日中の締切で複数の仕事の依頼が来ることが多くあります。学生の時は自分のペースで取り組める課題が多かったのですが、仕事の場合は、ひとつの仕事に対し所内の他部署の職員や外部機関の方など様々な立場の人たちが関わっているので、自分のペースだけを考えて進めることはできません。急な依頼で慌ててしまいそうになることもありますが、他の方々に迷惑がかからないよう落ち着いて速やかに対応するようにしています。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  現在私が配属されている経営企画室は、予算、年度計画、視察対応、文科省窓口等幅広い業務を受け持っています。私は職員になってまだ二年目ですが、所内の予算の配算業務や予算管理業務といった研究所の経営の根幹となる業務や、視察対応など責任の必要な業務も、自分が担当となって取り組んでいます。若手職員であっても、上司の指導の下、単純作業だけでなく責任のある重要な仕事も自分で担当できることが魅力だと思います。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  仕事について、自分で考え、自分の意見を持つことができるよう心掛けております。今はまだ自分だけで判断をつけられないことも多く、上司や先輩に迷惑をかけてしまっているので、早く自分自身の考えを持って仕事に臨むことができるようになりたいと思います。
     また、経営企画室の業務は研究部や他の部署と協力して行う業務が多いので、円滑に業務が遂行できるよう、研究所の研究内容や他の部署の仕事についてもしっかりと勉強することを心掛けております。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  困ったことがあればすぐに相談でき、また、自分の考えを伝えやすい雰囲気だと思います。仕事上で詰まってしまったときや失敗してしまった時はすぐに上司や先輩に相談でき、原因を探ったり、次からどのようにしたら良いかアドバイスを頂いたりすることができます。また仕事を進める際に、資料を作成するうえでの自分の考えを上司や先輩に伝え、誤っている点や改善できる点について指摘を頂きながら意見を交換することができます。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  仕事では締め切りに追われることが多く、待機がかかって帰りが遅くなる日も多いため、休日はなるべくゆっくりと過ごすよう努めています。外に出かけたり、部屋でのんびりしたり、自分の時間を大切にするようにし、その日の気分に合わせゆっくりと過ごすことで日頃のストレス解消や気分転換を図っています。最近は休日に家の近くを歩いたり、自転車でつくば市内や近隣の市町村まで出かけたりして、運動不足とストレスの解消に努めています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  現在、上司や先輩にフォローをしていただきながら仕事をしているので、早く自分自身で判断して仕事をこなせるようになりたいと思います。そのためにも、論理的な思考、忍耐力、コミュニケーション能力を伸ばしていきたいと思います。どのような依頼が来ても、論理的に何をすべきか、どのように解決すべきか考え、すぐに解決できなくても粘り強く挑み、相手に分かりやすく説明できるようになることで、今より良い仕事ができるようになると考えています。

ページトップへ戻る