若手職員の声2015

所属課名: 管理部総務企画課 名前:Y・T 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私は、もともと地方公務員を目指していましたが、大学の環境が好きだったということもあり、1次試験を受験しました。その後の採用説明会やホームページ等で各機関を調べていくうちに、漠然と地方公務員を目指すよりも、将来の高等教育のためという目的をもって働ける国立大学法人等職員を選びました。また、説明会の場で実際に働いている職員の声を聴いてみて、自分も同じ職場で働きたいと感じました。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  私が仕事を進める上で心掛けていることは、周囲の声に耳をかたむけるということです。自分の周りでどのようなことが行われているか耳をかたむけ、周囲の状況を理解することで、質問を受けた場合や急ぎの仕事を依頼された時でも素早く応えられると思います。また、電話応対の上手な人の話し方を聞いたり、周囲の声に耳をかたむけることなどは、学ぶことが多く、成長につながると思っています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  私は機構の運営に関わる会議の案件の整理や会議資料、会場の準備などを行っていますが、短期間に会議が集中し、同時進行で進めていくのがとても大変な時期がありました。漠然と仕事を進めていくと頭が混乱してまうので、やるべきことを常にメモしてスケジュールを立てながら〆切を意識して優先順位を決めて進めました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  機構は、大きな組織ではないので沢山の人と仲良くなれる職場です。他大学等からの出向者も多く、様々な経歴を持つ人と一緒に仕事ができ、多くのものを吸収できる魅力的な職場だと思います。また、係や課を越えて、遊びに出かけたり飲み会が行われたりするなど、部署による隔たりもなく、刺激的で明るい職場です。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  休日は友人と遊びに出かけたり、平日でも仕事が早く終われば一人で映画を見に行ったり、買い物を楽しんだりと積極的に気分転換をはかっています。週末に楽しみがあれば仕事も頑張れると思うし、仕事と遊びのオン、オフをはっきりつける事が大切だと思います。また機構の周囲には多くの自然が残っていて、お昼休みに散歩したりとちょっとした息抜きになります。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  臨機応変に対応できる判断力です。与えれらた課題には、ルールが決まっているものばかりではなく、自分で考えて判断しなければならないこともあります。そのような時にどのように対応すればスムーズに問題が解決できるか判断できるようになりたいと考えています。そのためにはまず正確な知識を身につけ、常に自分で考える習慣をつけることから始めたいと考えています。

ページトップへ戻る