若手職員の声2012

所属課名: 管理課 名前:S・S 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私は教育学部を卒業しており、大学入学当初は教師を目指しておりました。しかし様々な観点から教育の方法について学び、考えていく中で、教師として生徒に直接授業をするだけではなく、大学職員という立場で大学の運営・管理、教員や学生のサポートをすることも教育的活動の一つであるということに気づき、自分には大学職員としてこの国の教育を支えることもできるのだと思い、この仕事を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • いつもやりがいを感じています。私は契約業務を担当しているのですが、分からないことがあれば周囲と相談しつつも、基本的には自分で考えて仕事をこなす必要があります。急に発生する案件も多々あり、そこでは瞬時な対応が求められ、その時点での最良の行動は何なのかを考えて実行します。また、教員や他の職員から伝票の作成についてなどの質問や相談を受けた際にも的確かつ明確な返答が求められます。苦労を乗り越えたあとで、「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらえた時は誰かの役に立てたことを実感できる最高の瞬間です。

  • Q3. 仕事を進める上で、心掛けて いることはありますか?

  • 私が心掛けていることは、毎日、目標を持って仕事を進めることです。伝票作成をしていると締切を常に意識する必要があります。例えば、○日までに伝票を作成すれば、今月末に相手先へ支払うことができるというような感じです。ですので今日はこれだけ伝票を作成しようという目標が立ちます。また、伝票作成以外にも旅費の計算、物品の調達・管理等々様々な仕事があるので、それらをどれだけ効率良く行うことができるかを意識して取り組んでいます。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと感じていることは、様々な人と接する機会があることです。学生時代の大学職員のイメージでは、学生との関わりが主となり、その対応をするのが仕事だろうとざっくり考えていたのですが、私の所属する部署では教員や物品の納入業者の方々、職員同士など多種多様な人と関わることができます。メールや電話などでも業務のやり取りをし、様々な人と接する中で、知識を深め、自分を成長させられる職場だと感じています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 気分転換をはかるため、また健康維持も兼ねて勤務終了後や休日はスポーツジムで汗を流しています。きっかけは大学生の間ほとんど運動をしなかったせいなのか、風邪をひきやすくなるなど体力減退を身をもって感じたことにあります。また、会計系は夏と冬の業務量の差が激しく、冬は非常に忙しくなるため体力勝負な一面もあります。冬を乗り切る体づくりのためにも日頃の運動はかかせません。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学職員は皆さんがイメージしているであろう、学生支援をする部署のほかにも、財務系や国際系、研究支援系など多岐に渡る部署があり、必ずしも自分が希望しているところに配属されるわけではありません。私自身も会計の仕事に就くとは全く考えていませんでした。しかし、今では会計の仕事が好きになってしまうくらいやりがいを感じることができています。どのような仕事をすることになっても前向きに取り組むために、「ここで働きたい」と思える機関を選ぶと良いのではないかと思います。私は母校で働きたい気持ちが強かったため、採用試験の面接の際もその気持ちをしっかり伝えることを意識していました。
    皆さんにとって「働きたい場所」が見つかり、そして一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

ページトップへ戻る