若手職員の声2015

所属課名: 社会科学系事務部 名前:T・A 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  高等教育機関である大学の運営に携わり、そこで学ぶ学生、研究する教員のために働くということは、大学の研究や教育を通じてとても広く世の中に貢献する仕事ができるのではないかと考えたためです。また、日々進歩・成長をひたむきに求める教員、学生と同じ環境に身を置き仕事をすることは自分の成長への刺激になると考え国立大学法人等職員を志望いたしました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  上でも書きましたが、熱意と向上心をもって活動している方々が周囲にたくさんいるので、自分を向上させるための刺激に溢れています。特に若手のうちは、スキルアップしたり、新たな知識を習得することがそのまま業務の質に直結しますので、そういった点も魅力の一つだと感じています。
    また、時期により異なりますが、残業がプライベートを圧迫することは多くないので、良好なライフワークバランスを保てる部署が多いと思います。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  「一人で抱え込み過ぎないこと」です。「自立」を意識しながらも、「独善」には陥らないように気を付けています。自分が担当した業務は人の手を煩わせることなく一人で全うしたい、と考えてしまいがちですが、過度に抱え込んでしまえば処理しきれなくなり、結果的に多くの人に迷惑をかけてしまいます。個人で働いているわけではなく、せっかく組織に所属しているのだから、時にはヘルプを求めたり、別の角度からの意見を聞いたり、発したりして、無理はせずによりよい結果へ導けるようにと心がけています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  毎月のルーティンワークの一つですが、勤務時間の管理、給与関係の業務は大変だと感じています。一つのミスであってもそれが相手の生活に大きな影響を与える可能性があり、特に細かなところまで気を遣わなければならない業務だからです。乗り切るということではないですが、常に日々の業務の分量を考え、タイムマネジメントをしっかりとすることで、慌ててやらなければならない仕事を極力なくし、チェックの時間を十分に確保するようにしています。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  事務仕事ですのでやはりデスクワークが主になり、外に出る機会などは減ってしまいます。ずっとこもって仕事をすることはストレスになってしまいますので、他の部署と連絡を取る時や書類の提出の際などを利用して、直接他部署へ伺うようにしています。これは気分転換であるとともに日常の業務についてもメリットがあります。普段から顔をみて話すことで、その後の電話越しの会話でも顔が浮かぶので親近感を持てますし、顔見知りであることは業務を円滑に行うための一助になると考えています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  私が最も伸ばしたい能力は語学力です。私は外国人研究者の受け入れについての業務を担当しています。また、昨年度は海外での教員・学生の活動に同伴させていただきました。そういった業務をするたびに、国際化を積極的に進める大学の姿勢を感じ、そこで働くからには語学力は必須であることを痛感しました。学内の研修も積極的に利用していますので、それを大学に還元するためにも語学力を高めていきたいと思います。

ページトップへ戻る