若手職員の声2012

所属課名: 社会科学系事務部 名前:M・Y 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私が国立大学法人等職員を選んだきっかけは、大学生活を過ごす中で、自発的な活動ができ、多くの学びの場を提供する大学という場所が好きになったからです。また、一方で、学務窓口の職員と関わる中で、対応に疑問を感じることがあり、「私ならこうするのに・・」という思いがありました。より良い大学にするためには、職員の働きが重要だと考え、私がその一員となって取り組んでいきたいと考えるようになりました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 前の部署の話になりますが、私は知的財産権に関する事務を担当していました。特許法等の専門知識が必要とされることもあり、最初は苦労しましたが、自分で勉強したり、実務の中で経験を積み、だんだんと仕事を任せてもらえるようになりました。そして、異動が決まったとき、仕事で関係する皆さんに「頼りになった」と声をかけていただき、いままで頑張ってきて良かったと、とても嬉しい気持ちになりました。現在の部署でも、頼りになる存在になれるよう、頑張っていきたいと思います。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を進める上で心がけているのは、周囲の人とのコミュニケーションを大切にすることです。まだまだ業務の中でわからないことも多いので、上司や同僚、先生方、関係部署の皆さん等に確認や連絡をしっかり行うようにしています。また、トラブルが起こってしまったときも、一人で抱え込まず、早い段階で上司等に相談することで、問題が広がらないようにしています。コミュニケーションを活発にすることで、信頼関係を築いていきたいと考えています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 私が担当した業務の中で一番大変だったことは、前の部署で利益相反マネジメントに関する規則の制定にかかわったことです。新しい取り組みを始めるということは、規則や前例に従うことはできず、どうすれば大学として一番良いか考えなければならないので、多くの時間や労力がかかりました。しかし、関係部署の皆さんとの議論を重ね、規則を無事制定できた時には、大きな達成感を感じました。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと思うことは、職場の雰囲気が和やかなことです。また、産休・育休を経て復帰し、活躍している女性職員も多く、永く勤めることができる職場だと感じています。加えて、研修が充実しており、担当業務に必要な研修はもちろん、自分の興味のある分野の研修に参加することもでき、スキルアップできる環境が整っています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 休日や、ノー残業デーの日は、自分の趣味の時間を取り入れて気分転換をはかっています。主にピアノを弾いたり、芸術鑑賞をしたりしています。
    また、お昼休みに職場の皆さんとランチをしたり、気の知れた同期のメンバーで飲みに行ったりすることも、楽しい時間の一つです。

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 私には大学内にお気に入りの場所があります。それは図書館に併設されているカフェです。ガラス張りで明るく、開放感のある雰囲気が気に入っています。学生時代からよく利用しており、コーヒーを飲みながら友達とグループワークの打ち合わせを行ったり、課題に取り組んでいました。現在も昼食時や休憩時の憩いの場としてよく利用しています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等といっても、いろいろな大学や機関があり、それぞれ特色のある取組みを行っています。説明会に参加したり、情報収集をすることで、「ここで働きたい!」と思えるような、自分に合った機関を見つけることが大切ではないかと考えています。

ページトップへ戻る