若手職員の声2012

所属課名: 研究連携室 名前:M・K 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 「研究機関はどんな場所なのだろうか。」その疑問こそが国立大学等法人等職員を選んだ理由でした。多くの人は大学、研究所といった機関という存在について漠然とは理解しているけれど、よくよく考えてみると、どのように運営されているかについて詳しく知っている方は多くはないと思います。
    そういった、ミステリアスな部分に魅かれ、そういった機関であれば、民間、また通常の公務員とも違った体験ができるのではないかと思ったのが決め手でした。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 研究所において研究されていることは、日本、および世界の多くの人が目にした事のない内容です。かつての多くの技術がそうであったように、世界をいい意味で一変させてしまうような技術がたくさん研究されているわけです。
    私は、「知的財産」担当者として、そういった技術の特許を得、管理していく業務をしておりますが、自分の関わった特許案件がいつか世界中の人々の目に触れ、それぞれの生活を変えるとしたら、と考えると面白い仕事をしているなと思います。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 仕事の文脈をつかむ事を注力しています。部署毎に仕事は異なりますが、それぞれの業務において、何を行わればならないか、そしてその理由は何かという事を、ある程度自分の頭で考えていく事は重要だと考えています。規則に従って行動する事は、基本ではありますが、ただ漫然と規則に従うのではなく、規則の文脈を理解し行動する事が大切と思います。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 運動は重要だと思いました。基本デスクワークとなるので、肩こりなどに悩まされるようになりました。それを救ったのは「卓球」でした。何もハードな運動をする必要はなく、定期的に自分のできる範囲で興味のある運動をすると、体の調子がよくなったりするかもしれません。散歩でもいいかもしれません

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 好きな場所は実家です。現在の公務員宿舎から車で1時間ほどで実家に帰れるので、色々と楽です。土日は実家に帰っていますが、食生活が乱れた場合なども、実家に帰れば適切な食事が出てくるため、精神衛生上も問題なく生活ができています。

ページトップへ戻る