若手職員の声2015

所属課名: 研究支援課 名前:K・K 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  大学卒業後は地元に貢献できる公務員になりたいと思い、各種公務員試験を受験することにしました。最初は国立大学法人等職員はその中の1つという考えでしたが、最先端の研究や将来を担う人材の育成、それらの地域社会への還元など、大学の役割を真剣に考えていくうちに強くひかれ、この仕事を選びました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  現在、研究に関する補助金や委託事業の手続き関係の業務をしており、研究内容や研究目標などを拝見する機会が多くありますが、研究者が描くビジョンはスケールが大きく、また夢があり、ごく一部であってもその支援に携わることができていることに魅力を感じています。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  「なぜこの業務を行うのか」ということを考えながら仕事を進めることを心掛けています。そうすることで業務の効率化につながり、また、関係者の立場を尊重した仕事ができると思うからです。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  初めて補助金の積算資料(次年度に使用する補助金の内訳や執行計画等に関する資料)を作成し、補助金の配分機関へ説明した時はとても大変でした。雇用や給与、物品の契約や旅費の計算など、求められる知識が広かったためです。その時は、学内規定を読み込み、また、上司や関係する課の担当者にご指導、ご助言いただき、乗り切ることができました。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  平日はデスクワークがほとんどなので、昼休みに散歩をして体を動かし、気分転換をしています。休日にはトレッキングや釣りなど、自然の中に身を置き日常のことを忘れることで気分転換をはかっています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  必要な情報を簡潔に相手へ伝える能力を伸ばしていきたいと考えています。就職する以前から、この能力が重要であることは認識していましたが、実際に働き始めてからは認識以上に重要な能力であったと痛感しており、今後は関係する書籍を読むことや、意識して取り組むことで経験を積み、この能力を培っていきたいと考えています。

ページトップへ戻る