若手職員の声2015

所属課名: 教育研究技術支援部技術室 名前:S・O 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  技術系の専門知識を習得・発揮できる職場であるということが、学校の技術職員を選んだ第一の理由です。もともと理工系の学問について全般的な興味があり、特に物理と化学の両方の知識を必要とするような分析系の研究に関心がありました。第二に、人と接するのが好きなので学校教育に携わりたいと考えていました。技術系の職員の場合、教室で教員と一緒に、講義の補佐を行うという話を聞いていたので、やりがいがあると感じました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  研究に関して、教育に関して、それぞれ別のやりがいがあると思います。前者に関しては、部署にも依るかもしれませんが、最先端の機器を扱い、高度で専門的な技術を習得・発揮することが出来るという点です。後者に関しては、自分の講義等で担当した学生の成長を、じかに見届けることが出来るということが何よりのやりがいであると思います。大人数の講義であっても大体の学生の顔は覚えることが出来ると思いますし、逆に学生もこちらのことを覚えてくれます。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  普段から欠かさず挨拶をするということを心がけています。学校という職場の環境上、廊下等で学生・教職員の方に会う機会は数多くあります。初年度の数ヶ月間はよいのですが、しばらくすると、よく見知っている人だから、あるいは自分とは直接は関係ない部署だからという理由で挨拶を省略する人がいるかも知れません。しかし挨拶はコミュニケーションの第一歩であり、仕事を円滑に進めるための潤滑剤であって、欠かすことの出来ないものであると思います。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  24時間稼動が必要な精密機器の維持管理をする業務を行っているのですが、ある日突発的な停電により機器がダウンするということが起こりました。実は新しく購入したばかりの装置で、私はもちろん、周囲にも操作に慣れている教職員がまだ少ない状況でした。雷雨の中、半分パニック状態でしたが、冷静さを呼びかける職場のチームワークと、製造メーカー営業担当の方の指示によりなんとか装置を復帰することが出来ました。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  当然のことになりますが、職場の方々は基本的に真面目で飾らない方が多いと思います。そのように言うと、お堅い人ばかりで気軽に話しかけられない雰囲気という印象を持たれるかもしれませんが、そのようなことは全くなく、むしろ上下関係に縛られすぎることのないアットホームな環境です。それぞれが主体性を持って仕事をしているという意識があり、また誰とでも気軽にコミュニケーションが出来る職場であると思います。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  職場の方々と休憩時間に会話し、時には大笑いをして、気分の転換を図っています。学校の場合、昼休み・放課後に部活動やサークルの指導等に関わるのもよいと思います。休日は海岸や川岸に沿ってサイクリングをしたり、国内旅行に行ったりして過ごしています。何かと家に引きこもりがちになってしまうので、とにかく用事を作って定期的に運動をすることを心がけています。

ページトップへ戻る