若手職員の声2015

所属課名: 教務チーム 名前:Y・W 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  私は学生時代から教育格差によって生じる問題に関心を持っており、教育に関する仕事に携わることを希望していました。そのため私立大学に比べて学費が安く、より多くの人々に対して高等教育の場を提供し得る国立大学のアカデミックな環境は非常に魅力的でした。日本の将来を担う学生たちが自らの道を切り開いていく力添えが少しでも出来ればと思い、国立大学等職員採用試験を受験した次第です。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  採用前は、大学職員というと、学生や先生方と日々接しながら仕事をしているイメージでした。しかしながら、昨年秋まで所属していた人事労務チームでは、職員の服務に関する業務を主として行い、あまり学生と接する機会はありませんでした。教務事務や学生支援事務といった大学ならではの業務だけではなく、一つの組織内で多種多様な業務に携わる機会があることに改めて気づかされました。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  やらなければならない仕事を常に整理しておくことです。その日にやらなければならないことは優先順位を決めて、列挙しておきます。それと同時に一年間にやらなければならないことも常に把握しておき、前もって準備するよう心掛けています。特に私が現在所属している教務チームは学生からの問い合わせなどイレギュラーな仕事も舞い込みますので、優先順位を決めて順番に仕事を処理していくことは非常に重要だと考えています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  現在所属している教務チームは、学生の出入りや電話での問い合わせが多いためか、開放的で非常に明るい雰囲気です。また上司や先輩職員は優しく親切な方ばかりですので、分からないことや仕事で行き詰ったことがあると気軽に相談することができます。ただし学期初めにはたくさんの学生が、問い合わせや履修の相談をしにカウンターを訪れますので、少々騒がしく感じられるかもしれません。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  退勤後や休日に、映画や海外ドラマのDVDを鑑賞することが、一番の気分転換です。一応語学の勉強を兼ねて、なるべく音声・字幕ともに英語で観るようにしています。最近はそれに加えて週に一回スカッシュを習い始め、運動不足を解消しようと頑張っています。スポーツは苦手なのですが、上手くボールを返せた時は良いストレスの発散になります。また、学生時代の友人と定期的に旅行や食事に行ったりもしています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  私が現在担当している業務では、傾聴力と公平性が求めれられると感じています。日々様々な問い合わせを受けますが、その一つ一つをしっかりと聴き、個々の主張を理解しつつも、学生全体の公平性が損なわれないように冷静に判断し対応しなければなりません。私は少し感情に流されやすいところがあるので、その欠点を改善しつつ、信頼に足る職員になることを目指していきたいと考えています。

ページトップへ戻る