若手職員の声2011

所属課名: 教務チーム 名前:Y・G 性別: 女

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 私は教務チームに所属しており、学生の履修指導や証明書の作成、成績の管理などを主な業務としています。また、卒業生の方や一般の方が大学生に混ざって大学の講義を受講できる科目等履修生という制度の事務も行っています。学生・先生・一般の方を繋ぐ橋わたしのような存在だと思います。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 年度末は、次年度の準備と卒業予定者の卒業要件の確認などで21時を過ぎる日も多くなってきますが、卒業式当日に晴れやかな笑顔で卒業していく学生を見ると「来年度も頑張るぞ!!」とやる気が湧いてきます。まだ、経験できていませんが1年生から担当した学生が自分の進むべき道をみつけ、一回りも二回りも大きくなって卒業していく姿を見届けるのを今から楽しみにしています。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 学生の来室が多いので、明るく華やかな雰囲気で職員の方々も活気にあふれていると思います。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 年度末以外は比較的残業も少ないので、仕事終了後は家事やストレッチをしたり、時には買い物に行ったりして過ごしています。また、夏休みが比較的取りやすいので海外旅行に行く羨ましい先輩方も多いです。私も今年は一週間の休みを取って念願のレーシックを行いました。オン・オフをはっきりし、仕事してからもプライベートの時間を楽しみたい方にはぴったりの職場だと思います。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 一次試験の一週間前に祖母が他界し、前日まで実家に帰省していました。
    全く勉強はできませんでしたが心置きなく見送れたし、ここまで来たらやりきるだけだと思えたので試験当日は焦りもなく試験が受けられました。試験勉強をしているとやってもやっても足りないような不安に襲われますが、大丈夫。自分で思っている以上に身についているものです。自分を信じて試験に臨んでください。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 社会人経験があったので、社会に出てからどうして大学事務になろうとしたのかを面接官に伝えられるように心がけました。学生時代の就職活動から、その場限りの嘘をついても嘘をつき続けるのは大変だし、繕って入れても入ってからが大変になるから素の自分で勝負しようと決めていたので、今回も等身大の自分を見てもらおうと面接に臨みました。何を伝えたいかを明確にして、自分の想いをしっかり伝えれば大丈夫です。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 内定から採用まであまり間が空かなかったので自分自身はあまり準備できませんでしたが、エクセルやアクセスのスキルがあると非常に効率的に業務が行えると思います。仕事で使いながら覚えることもできますが、基本的なことが身についていると応用も利きやすくなると思います。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • そ皆さんの活躍の場がたくさんあるのだと思います。特に既卒の方は仕事を辞めて勉強していることや一緒に試験を受ける仲間もいないことで精神的に辛いときもあると思いますが、その経験は自分を大きく成長させてくれるし入職してからの大きな糧となります。皆さんと一緒に働ける日を心待ちにしております。皆さん頑張ってください!!

ページトップへ戻る