若手職員の声2015

所属課名: 情報課 名前:S・H 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  大学生の時、研究をするため大学図書館を利用する中で、研究に必要な学術情報がきちんと整理されていることに驚き、これまで学術情報を整理・保存されてきた方々の努力に頭の下がる思いでした。そして、自分も研究者や学生など、学術情報を必要とする人々のため、より良い環境を整えていきたいと思い、国立大学法人等職員を就職先として選びました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  想像していたよりも他機関・大学との交流が多いことに驚きました。採用以前は自館内での仕事が主だと思っていました。実際に働き、他機関・大学と交流する中で、他機関・大学の皆様から刺激を受けています。自館の資料の整理など、自館をより良いものにする業務はもちろんのこと、他機関・大学と連携することの大切さも日々実感しています。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  業務の一つに、テーマに沿って当館の資料を50冊ないしは100冊選定し、他機関・大学・高校などに貸し出す業務があります。貸出先で、自分の選んだ資料が利用されるのは嬉しいことです。また、担当の方や利用者から、選んだ資料に対して直接感想をいただいた時は、さらに嬉しく、やりがいを感じます。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  報告・連絡・相談の’ホウレンソウ’を心懸けています。採用当初は、業務の途中で報告・相談をすることは、キリが良くないのでは、と少し躊躇していました。しかし、そのような際にも報告をすることで、助言をいただいたり、早い段階で軌道修正ができたり、より効率的に仕事が進められることを実感しました。それからは、迷った時、行き詰った時には、早めに周りの方々に相談するように心懸けています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  職場は自然が豊かで心安らぐ土地にあります。昼休みに散歩をする人もいます。職員のみなさんは、私が初歩的な質問をしても、いやな顔をせず、いつも笑顔で仕事を教えてくださいます。また、優しいだけではなく、当館の使命に向けて熱意を持ってバリバリ仕事をされている印象も受けます。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  昼休みに少しでも外に出るようにしています。季節の花々や緑あふれる木々に目と心が安らぎます。また、寝る前には柔軟体操をして安眠できるようにしています。休日は休養する日と街に出て行く日の両方を取り、体調を万全にするとともに気持ちもリフレッシュして、充実した休日を過ごせるようにしています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  専門図書館なので、その分野に対する知識を深めるとともに、英語の能力を伸ばしていきたいです。より良い資料の収集、保存、提供のため、専門知識の必要性を日々感じています。研究する人々を支えたいと思い目指した仕事なので、利用者の求める資料をより的確に提供できるようにしっかり勉強していきたいです。また、専門分野について、日本だけでなく海外の事情についても知識を深めたいので、英語の能力を伸ばしたいと考えています。

ページトップへ戻る