若手職員の声2012

所属課名: 学芸研究部 名前:Y・S 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 私が国立大学法人等職員を志願したのは、大学在学中、研究活動を続ける先輩方の姿を見て、研究者を支援する仕事に就きたいと思ったからです。当初は漠然とした思いで志望していましたが、個別説明会などに参加するうちに、この研究機関で働きたいという思いが強くなりました。また、事務職員として様々な業務を経験することが出来ること、静かな環境も志望する決め手となりました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、研究職員で構成されている部署の庶務をしています。庶務担当として広範な知識を求められ、調整役になることが多い職務です。些少ながらも自分の関わった仕事が研究の成果物に反映され、機関の長い歴史に残る仕事をしたと感じる時に感動とやりがいを感じます。また、自ら大学で専攻した分野に近い研究を行っている部署のため、時に最先端の研究内容に身近に触れられることも嬉しいです。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を進める上で心がけているのは、俯瞰する視点を持つこと、優先順位をつけることです。当たり前のことですが、日々の庶務にばかり目を向けてしまい、なかなか難しいときもあります。特に多くの部署、他機関が関わる業務の調整については、板挟みになることもありますが、その際に妥協点を探り、スムーズに進められるようなセッティングをしたいと心がけています。また、日常的な庶務についてもミスのないように心がけて行きたいと思います。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと感じていることは、事務職員だけでなく、研究職員や専門技術者と同じ場所で仕事が出来ることです。そのため様々な仕事、研究の様子に触れられることができ、好奇心が尽きません。また、職員数が少ないため職員同士の交流が多く穏やかな雰囲気であることが何よりありがたい環境だと思います。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 気分転換をはかるために、図書館で本を予約し、休日などに読みます。学生の頃に比べ、気になる分野について関連する本を幅広く読むようになりました。また、月に1、2度は近郊の博物館や美術館に足を運ぶようになりました。普段は見られないような文化財や作品を観ると知的好奇心が刺激され、良いリフレッシュになります。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等職員は常に研究の最先端に触れられる、とても魅力的な職場だと思います。大学の職員というと、まず、学生との関わりに注目されるかと思いますが、興味を持った機関が社会全体の中でどのような役割を果たしているのか詳しく調べてみると面白いと思います。

ページトップへ戻る