若手職員の声2011

所属課名: 学生課 名前:M・S 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在私の担当しているのは、学校の授業の運営に関する仕事・学生の進学に関する仕事・その他の学校行事に関する仕事などです。具体的には、非常勤講師の先生方の授業の準備や勤務時間の管理、学生が受験する大学に提出する証明書の作成、TOEIC IPテストの申込みなどです。研修旅行の際のバスや昼食の手配といった仕事もあります。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 国立大学法人等職員採用試験を受験される方々は、他の公務員試験も受験される方々が多いと思います。ただ、国立大学法人等職員採用試験が他の公務員試験と異なるのは、教養試験だけで1次試験の合否が決まることです(事務区分)。国立大学法人等職員採用試験を目指す方は、教養試験の対策をしっかりとしてください。あとは、試験当日落ち着いて、いつものように解答すれば、良い結果が出ると思います。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 国立大学法人等職員採用試験の2次試験では、各大学等で面接が実施されます。面接において大事なことは「緊張しない」ことです。面接試験を受けるにあたっては、自己分析を行ったうえで、想定される質問等に対する返答を用意しておくことになると思います。そのような面接対策をしておくのは大事な事だと思います。しかし、考えなければならないのは、面接においては、自分が返答を用意していない質問がなされるということです。だからこそ、面接においては、緊張しないこと、面接官からの質問の返答をその場で考えられる心の余裕を持つことが大事だと思います。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 実を言えば、私が特に、内定から採用までの間、心掛けていたことはありません。ですので、アドバイスをする立場にはないのかもしれませんが、自分の反省の意味もこめてお教えしたいと思います。大学生の皆さんですと、起床時間がおそくなりがちです。特に、内定をもらってからは、不規則な生活になりがちです。採用後は、早朝に起床し、朝から仕事をすることが必要です。内定後は、朝早く起床すること、規則的な生活をすることを心掛けると良いと思います。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学(学校)で働くことの最大の特徴は、学生を相手にするということです。若い学生たちを相手にすると、学生たちから元気をもらえます。また、図書館などの教育施設を利用できる点、専門の先生方のお話が聞くことが出来るという点で、自己啓発のしやすい環境にあると思います。大学(学校)という職場は、とても魅力的な職場です。ぜひ、大学(学校)を職場に選んでみてください。

ページトップへ戻る