若手職員の声2012

所属課名: 学生支援室 名前:Y・Y 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 元々学生のころから大学という場所が好きだったので、卒業した後も残りたいという気持ちが強かったことがあります。学生の頃は理系で、サークルでものづくりに携わっていましたが、実際には何かを造るより運営の方に仕事を主に担当していました。その際に、何かを生み出すためにはしっかりとしたマネジメントが必要であり、自分はそちらの方から日本の技術を支えたいと思いました。以上の経験から、大学や研究機関で行われる研究を支える仕事がしたいと考え、この仕事を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、教務係で履修・成績を担当しています。大学として非常に重要な部分でありプレッシャーも感じますが、皆が無事に卒業・修了を迎えられた時の喜びもひとしおです。今まで良く窓口に訪れてくれた学生がもう来ないのかと思うと少し寂しさも感じますが、これから新しい環境でこの大学で学んだことを生かして活躍してくれているのかと思うと、大変だったことも頑張ってよかった、と達成感を抱きます。また、期待と不安でいっぱいの新入生が窓口に質問に来て、それに答えることで笑顔で帰っていく姿を見ると、明日も頑張ろうという気分になります。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 心掛けていることは、職場の人と話をするということです。自分が今どんな業務をしているか、相手が何の業務をしているか、なるべくお互いに把握できているように気をつけています。また、自分の手が空いているときは他の人になにかお手伝いすることはあるか、積極的に声をかけるようにしています。そうすることで、どこか一方に負担がかからないように、また自分が手一杯になってしまったときに、誰かに助けを求めやすくなります。上司が教えてくれたことですが「チームワーク」を大事に、仕事を進めています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • まだ、教務係での履修・成績しか経験したことはありませんが、その中でも2~4月の卒業・修了の業務が一番大変でした。業務の量も多くはありましたが、卒業・修了は学生の一生に関わることですので、精神的に重く感じる部分がありました。その時は同じ部署の先輩や上司、また先生たちからも励ましの声をかけていただいたり、比較的手の空いている方に手伝ってもらって、無事に業務を終えることが出来ました。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったと思えるのは、先生や学生と触れ合うことが多い、大学ならではの業務に携われていることです。履修・成績のことで先生や学生と話すことも多く、自分は大学で仕事をしていて、教育という部分に関わっているという実感が得られます。自分と立場の違う人と接する機会が多いため、とても良い刺激になっていると思います。また、所属部署も仕事のこともそうでないことも話しやすいアットホームな雰囲気ですので、とても仕事がやりやすく助かっています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 休みの日は、なるべく外に出るようにしています。家の中にずっといると何もせずただ寝ているばかりで気分も落ち込みにがちになってしまうので、足を動かしてどこかに行ったり、人と会って刺激を受けるようにしています。友人と会って美味しいものを食べたりおしゃべりをしていると、時間を忘れて楽しめるので良い気分転換になります。趣味は読書ですが、それも本屋巡りをしたり、カフェで本を読んだり、いつもと違う環境に身を置くようにしています。読書もその世界に入り切ることで、日常から離れて気分転換になります。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 私が毎日仕事に通いながら、思うことは大学という場所はとても面白いところだな、ということです。一方で最先端の研究が行われながら、一方では学生が楽しそうにキャンパスライフを送っています。学生の頃見ていた大学と、いま職員の目から見た大学はまったく違って、日々新鮮な発見ばかりです。皆さんが「大学」という場所が好きならこの仕事にはとてもやりがいを感じられると思います。

ページトップへ戻る