若手職員の声2015

所属課名: 学務部教務課 名前:K・I 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  日本の未来を担う人材の育成に携わることが出来る大学職員という仕事に魅力を感じたことが一番の志望動機です。また、自身の在学中に、窓口などで職員の方に丁寧に対応していただき、大学職員という仕事に対して良い印象を持っていたことも志望した理由です。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  教務系の仕事しか担当したことがありませんが、「一人の学生を卒業させるまでにかかる労力が想像していた以上に多いこと」、「多様な学生がおり、一律な対応をしていると時にトラブルになること」、「一部の教員に極端に負担が集中していること」、が実際に働いてみて驚いたことです。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  事務と教員どちらの範疇の仕事であるか線引きをするようにしています。新人の頃は、事務の範疇ではない案件まで抱え込んでしまい無駄な時間を使っていました。一方で、教職員の人員削減が進む中、一部の教員に業務が偏っており、そういった教員をサポートすることも必要です。両者のバランスをとることを心掛けています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  事務室は多くの教員や学生が利用するので、とても賑やかな職場だと思います。私の座席は、女性8人に取り囲まれているので、そういった意味でもとても賑やかです。頻繁に食事に行ったり、休日に遊びにいったりしている部署もあるようです。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  最近、周りの友人が結婚ラッシュで準備に駆り出されるのですが、仕事と関係ないところで頭を使っていると気分転換になります。大学の仕事は職種にもよりますが繁忙期と閑散期がはっきりしているので、閑散期には連休を取ってやりたいことを思いっきりやると良いのではないでしょうか。毎年、ゴールデンウィークや年末以外の時期に海外旅行をしている職員もいます。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  会計・契約系の知識は最低限身につける必要があると考えています。どの系統の業務であっても、大学における金の流れを理解していた方が業務をスムーズにこなせるはずです。また、我が国の大学はグローバル化に積極的に取り組む必要があるので、語学能力を向上させなければと考えています。

ページトップへ戻る