若手職員の声2012

所属課名: 学務部教務課 名前:A・I 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 学生時代に大学職員の方と関わる機会が多かったことから(サークル関係のやりとり・ピアサポート活動・入試や式典のお手伝い・キャンパスツアー・PCルームでのアルバイト・図書館での実習など)、その仕事の多様性に魅力を感じていました。最大の決め手は、私自信、学生生活が楽しく、大学の持つアカデミックな雰囲気が好きで、卒業しても大学という場と関わりを持ちたいと志望したからです。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • ありきたりですが、窓口対応の中で学生から「ありがとうございました」と言ってもらえた時です。最初の頃は窓口に出るのも緊張していましたが、すぐに学生とのやり取りが楽しいと感じるようになりました。他にも、昨年度は学生証や時間割の作成などを担当しました。学生時代は当たり前のように使っていたものであり、自分の仕事が学生生活に直結しているということも、プレッシャーを感じる反面、大きなやりがいとなりました。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 次に仕事がしやすい環境をつくることです。教務の仕事には年度ごと・学期ごと・月ごとの定型業務が多くありますが、仕事に取り掛かる際、毎回いろんな資料をひっくり返してやり方を確認していては時間が無駄になってしまいます。そこで、よりシンプルで明解な方法を考案したり統一的なマニュアルの作成・更新をしたり、自分あるいは後任者が次に同じ仕事を取り組む際にはより効率的にこなせるよう心がけています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 3~4月の繁忙期です。この時期は入試・卒業・入学と大きなイベントが続いてただでさえ忙しくなるにもかかわらず、昼間の窓口対応で業務が進まない・・・という学務で最も過酷な(笑)シーズンです。私の場合は仕事が終わらないという焦りがミスを招いてしまい、教員の研究室へ謝罪に伺ったこともありました。この経験を通じて、どんなに忙しくてもパニックにならず、一つ一つ着実にこなしていくことの大切さを身を以て学びました。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • とにかく、人に恵まれているなと感じます。上司・先輩はどんなに忙しそうでも、困った時はいつも的確で丁寧なアドバイスをして下さるので、後輩と接するにあたって、いいお手本とさせて頂いています。仕事の面だけではなく、ホームパーティーに招いていただいたり、グループのメンバーで遊びに行ったりと、オフでの交流もさかんで、周りのみなさんのおかげで良好な人間関係を築けています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 美味しいものを食べることです。大学付近のおいしいランチを開拓したり、お弁当のレパートリーを増やしたりすることで、お昼休みの気分転換をはかっています。休日は美味しいものを求めて学生時代の友人や先輩と出かけることも多いです。そこで、異なる業界の話を聞いて刺激をもらっています。大学以外の業界の話を聞くことで視野も広げられるので、これもまた、自分にとっていい気分転換になっていると感じます。

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 新聞で大学関連の記事を見つけたらスクラップするようにしています。就活の面接対策のためにはじめましたが、すっかり習慣となりました。最近は大学が取り上げられるような機会が多くなり、社会からも関心が高まっているのがわかります。日頃、やり取りをする先生が紙面に登場するのを見ると、世間的にも注目されている先生の研究を間接的であれ支援できていることに誇りを感じます。ゆくゆくは、iPadを購入して電子版の購読をしたいと考えています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 「国立大学法人等職員」と一口に言っても、実に様々な業務があり、戸惑いを感じるかもしれません。ただ、その幅広さこそが魅力であり、どのような仕事を任されたとしても、それが教育・研究・社会貢献のためとなることは間違いありません。「大学が好き」という気持ちがあれば、きっとどんな業務でもやりがいを感じられることと思います。ぜひ、職員としてのキャンパスライフを満喫しましょう!

ページトップへ戻る