若手職員の声2015

所属課名: 学務部学務企画課 名前:N・S 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  様々な視点から社会と関わりたいと思ったからです。大学には教育・研究・医療などの役割があり、そこで働く職員は、優秀な人材の輩出、革新的な研究成果の発表、高度な医療の提供など、様々な視点から社会と関わり、貢献していくことが可能だと考えました。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  若手職員や女性職員が多数活躍している点。私の直属の上司も若くして掛長に昇進された女性職員です。採用前は年功序列型の保守的な体制をイメージしていたので、良い意味で驚きました。年齢や性別に関係なく、本人の努力次第で昇進が決められているので、高いモチベーションを持って仕事に取り組むことができます。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  多様な活躍の場がある点。大学には、学生関係の業務をはじめとして、研究支援、国際交流、会計など様々な業務があります。加えて、本学の場合は数年毎に異動があるため、複数の業務を経験する中で、自分自身の興味や適正を踏まえながら、じっくりとキャリアを形成していくことが可能です。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  日々窓口に学生が訪れるため、にぎやかで活気があります。また、普段は個々人で担当業務に取り組んでいますが、入学式やオープンキャンパスといった学内行事は関係部署の職員皆で協力し合いながら運営するため、チームワークを実感することもできます。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  体を動かすことです。日中はデスクワークが中心で運動不足になりがちなため、帰宅後にヨガやストレッチなどの簡単な運動をすることで、よい気分転換になります。周りには、学内にあるジムで汗を流す人や、学内の部活動に所属し、仲間とスポーツを楽しむ人も多くいます。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  英語力です。本学の学生には留学生も多く、英語で窓口対応をしたり、ビジネスメールを作成したりする機会も多くあります。留学生にも必要な情報が正確に行き届くよう、実践的な英語力を伸ばしていきたいと考えています。

ページトップへ戻る