若手職員の声2011

所属課名: 学務部国際課 名前:Y・S 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 現在、私が担当しているのは留学生支援業務です。留学生支援というと色々な意味を含んでしまいますが、奨学金の支給についてや留学生用宿舎選考などの事務手続きから、日々のトラブル対応まで本当に多岐にわたっています。中でも特徴的なのは、留学生が抱える悩みなどの相談に乗ってあげることです。国や宗教によって考え方はバラバラなので、細心の注意を払いながら相談に乗るようにしています。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • やはり、対学生業務なので、学生から感謝されたときほど「この仕事をしていて良かったな」と思うことはありません。どんなに難しい書類を完成させるよりも学生の笑顔を見るために日々業務を行うことが一番のやりがいです。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 私が所属する課は本学の他の課に比べ、女性の比率が高いため、非常に華やかです。日によっては留学生が相談に来ていることもあり、様々な国の言葉が飛び交うなど賑やかなときもあります。とても雰囲気の良い職場だと思っています。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 仕事修了後は趣味である読書に時間を費やすことが多いです。ゆっくり充実した時間を過ごすことが出来ますし、自分の見聞を広げることが出来ます。また、英語が必要な職場ですので、英会話番組を観たり、生活の中に英語を取り入れるように心がけています。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 緊張しすぎると失敗してしまいます。表情や動きが硬くなってしまいますし、伝えたいこともうまく伝えられません。しかし、人生を賭けた採用面接なので、緊張するなと言われても無理な話だと思います。リラックスしすぎて素が出てしまうのも、あまり印象がよくありません。大切なのは適度な緊張です。硬くなりすぎずに、質問に正直に答えることを心がけ、当日は面接試験に臨みました。あとは練習してくれる相手がいれば、何回も繰り返して同じ質問を答える練習をする事も効果的だと思います。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 私の場合は内定を頂いてから採用まで2カ月ほどあったため、短期間でのアルバイトをしていました。社会に出てからの目上の人や上司への接し方や「ホウ・レン・ソウ」の大切さなど、様々な事を学び、大変役に立ったと思っています。実際に働いてみて分かった事は、ワードやエクセルを始め、アクセスや一太郎などパソコンのスキルがあると非常に便利です。効率的に仕事をこなすためには重要なスキルです。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 大学の仕事というとどんな事を想像するでしょうか。私のような学生業務や先生の研究をサポートする業務、大学の予算などの管理をする会計業務など大変多岐にわたっています。自分の得意分野業務に配属されるとは限りませんので、日々勉強しなければいけない事がたくさんありますが、その分自分の知識になります。最先端の教育のもと研究に励んでいる学生をサポート出来、とてもやりがいもあります。このような魅力あふれる職場で皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

ページトップへ戻る